22 Sep. 2017

関西花便り(京の萩)・・・byはなママ&はなパパ

 

未だ日中の陽射しはきついですが、少しずつ秋の気配が感じられますね。

秋の花と云えば、まずは萩でしょうね。

そろそろ開いているかなぁ、9月19日、京都へ行きました。

皆さんもうご存知の「出町柳」付近。

ここからすぐのところに浄土宗のお寺「常林寺」、萩の寺として有名です。

これから萩を訪ねて歩いて参ります、と、まずこの人がご挨拶。

前にも訪れました。そう広くない庭ですが入りますね。

奥の方で写生している人もいて。

ゆっくり楽しみます。

近づきますね、赤が2種類と白。

もう少し。

昼飯は、コンビニでおにぎりを買って、賀茂の河原を眺めます。

では、次に西へ向かい、京都御所の手前を南へ。

前に編集長、リンダさんと訪れた仙洞御所の東に、「梨木(なしのき)神社」があります。

では、中へ入りましょう。すぐに萩があります。

ここも萩の名所として有名ですが、少し早かったよう。

いくつかご覧ください。句が書かれた札が付けられています。

外へ廻ると、鳥居の後ろに何とマンションが。

そうなんです、この神社は財政難のため、駐車場を60年間の定期借地契約で

不動産会社に貸して、分譲マンションが建ったのです。

神社本庁とかなりもめたようで。という話はおいといで、

御所の外周を少し南へ下がると、ここ。

「新島襄旧邸。」

40何年前の卒業生ですが、というと今日は中は見れませんが、11月に公開しますよ。

軽く外から拝見して。

八重の桜も。後ろは同窓会会館、11月に大同窓会があるのです。

では、またの機会にということで、丸太町通りを東へかなり歩き、最終地へ。

だれでもご存知の「平安神宮」。この日は庭園(神苑)が無料開放日なのです。

庭園の入り口でヨーロッパ系の観光客グループが、料金表を見て騒いでいる。

私が、ツデイ、ノーフィーよ、と云うと、オー、ノーフィー!

と云って、喜んで入っていった。いつもは600円ですからね。

中へ入りましょう、まずは南神苑。ここに萩があるはず。

次は、西神苑。睡蓮が残ってた。

実はこの庭園、私のお気に入りなんです。何度も来ています。

中神苑。ここにも睡蓮が。

最後の東神苑に行く道沿いにも萩がある。

では最後に、東神苑の泰平閣(橋殿)周辺の景色をご覧ください。

この人は、この日は、家を出て帰宅まで2万歩以上歩きました。

楽しいお歩きでした、ではまたお会いしましょう。