19 Sep. 2017

関西の風景(天王寺七坂)・・・byはなママ&はなパパ

 

大きな台風が日本全土を通り過ぎてしまいましたね。

皆さんのところは、大丈夫だったでしょうか。

さて、台風が来る少し前、9月14日に私たちは歩いて来ました。

天王寺七坂(ななさか)、大阪市天王寺区で地下鉄谷町線の

四天王寺駅から谷町九丁目駅までの谷町筋の西側にある1駅間、

七つの坂巡りです。

いつものごとく、私から始めますね。

今回は谷町九丁目から、南に下がっていきました。

関西の人でもほとんど知らない大阪の名所。各坂にはそれぞれ目印の寺社があり、

一つ目は「真言坂」、上がった所に前に大阪の祭りで紹介した「生国魂(いくたま)神社」。

神社は神宮寺で、お寺の方が真言宗だったので「真言坂」。

井原西鶴の像がある。

坂の地図、左が北で、赤い線がそれぞれの坂。

スタンプラリーにもなっています。           

次は「源聖(げんしょう)坂」。お寺は「源聖寺」。

坂を下りると南北の道路がある下寺町(したてらまち)へ出ます。

この辺はお寺が非常に多く、浄土宗の寺が目立つ。

実は、大坂の陣の頃、真田幸村が作った大阪城の出城はこの辺まであったとのこと。

3番目は、「口縄坂」、坂が蛇のように見えることからこの名前が。

お寺は「称名寺」。

坂に、面白いマンホールが。

史跡だそうで、その説明。

次には「愛染坂」、「愛染堂」があり、ここも前に大阪の祭りで紹介しましたね。

その中の、多宝塔。

坂を下りて、また上がります。

5番目「清水坂」、お寺は「清水(しみず)寺」、きよみずでらではない。

有名料亭の跡があるという大阪星光学院は、大阪でもトップの私学。

この坂の北側にあります。

6番目「天神坂」。

この辺りには、名水があったとのこと。

いよいよ坂巡りも終わりに近づきましたが、

この坂ではお寺ではなく神社、「安居神社」。

地元では有名らしく、なぜかというと、真田幸村終焉の地だとか。

少し見にくいですが、幸村の像がある。

神社の宮司さんに七坂巡りで歩いて来たというと、褒められてしまったのだ。

最後の坂は、分かりにくいです。

天王寺から西へ電器の街の日本橋へ向かう大通りでした。

お寺は「一心寺」。非常に有名なお寺で、ここは仏教のどの宗派に拘わらず、

納骨を受け入れて、永代供養をしてくれるお寺なのです。

7か所のスタンプラリーが終わりました。坂ばかりなので結構疲れたのだ。

では、天王寺のあべのハルカスへ向かって行きます。

皆さんまたお会いしましょう。