03 Oct. 2017

「武庫川あたりで魚釣り」・・・・・さすさら


兵庫県の西宮市と尼崎市の間にある武庫川。
   全国でも珍しい、川をまたいで阪神電車の武庫川駅があるのだ。
   そのプラットフォームからの写真。
 

この駅は約200mの川をまたいでいて、出入口が西と東にあるので
   間違えると大変なのだ。
   先月の30日の土曜日の7時20分に集合。颯爽と白いハットを被って
   歩いてくるのは。
 

そう、手打庵の雄姿なのだ。
   馬渡さんが迎えて来てくれたのだ。
 

10分ほどで、到着。
 

このクーラーボックスがいっぱいになるのか?
 

820円を払って入場。この先にあるのは。
 

ここへ。釣り場ですね。
 

そう、今日はこれなのだ。
   この垂れ幕は20年前に幹事だった馬渡さんが力作なのだ。
   

すぐに釣れるのだ。そう、我々よいよい会の分だけは馬渡さんが
   準備してくれているのだ。
   他の人は、自分で持ってくるか、有料で竿などを借りるのだ。
 

彼は近畿修猷会の釣りクラブの黒幕なのだ。
   彼が持っている大きなタモが必要な時があるのか?
 
   胸に着けている黄色いリボンは入場料を払った証拠。
   これを付けていれば出入り自由なのだ。
 

ちびちゃん達も釣りを楽しんでいるのだ。
   今日は最高の釣り日和だが、運動会もあって、参加できなかった人もいたのだ。
 

はなママも娘さん夫婦と3人で来ているのだ。
   はなパパとリンダさんは残念ながら、欠席なのだ。
 

これで、大変なことになってしまったのだ。
   私が持っているウイスキーは、バンコクに行った時に羽田空港の
   免税店で買ったもの。
   バンコクでは毎晩、御馳走で呑み過ぎで、部屋呑みをせずに
   フルで残っていたのだ。
   そんで、手打庵と隣り合わせで釣るのだが、ビールだけでは
   我慢できずに、ビール缶で水割りを呑みながらの楽しい釣りに
   なったのだ。
   真ん中にあるのが餌ですね。オキアミ、小さなエビ。
   これを小さな駕籠に入れて、釣り針の下に付けて投げ入れるのだ。
   針は5ケ付いていて、うまく行くと5匹いっぺんに釣れるのだ。
   

1時間ほど経過。楽しい時間なのだ。
 

これくらいなのが、どんどん釣れたらいいのだがなぁー!
   釣れるのは、5cmほどの豆アジばかりなのだ。
 

竿の先を見ながら、のんびりと。
   ウイスキーが進むのだ。向こうは神戸。
 

永末さん。釣りクラブの幹事さんで、お世話になったのだ。
 

たまには、ちびちゃん達と遊ぶのだ。
 

こころなしか、顔が赤いのだ。
 

11時過ぎ、3時間ほどの楽しい釣りが終了。
 

はなママ一家。
 

売店の上には、ここで釣れた大きな魚が。
   こんなのを釣りたかったのだ。
 

全員集合。
 

BBQコーナーで楽しい昼食なのだ。
 

かなり、出来上がっているのだ。
   私の前に紙コップが置いてあるのだ。
   これが効いたのだ。
 

左にいるのが、2年後輩の田中丸さん。
   彼が、佐賀の銘酒です、と日本酒を注ぎに来るのだ。
   そう、すっかり酔っぱらってしまったのだ。
 

今日の主役。
 

釣り堀もあるのだ。
 

楽しい一日でした。
 

馬渡さんに送ってもらって。
 

14時に手打庵とは上り下りでお別れ。
   武庫川の上にあるのが分かるのだ。
   この後、二人は電車に乗るのだが、まっすぐには
   帰れなかったのだ。そう、何回か乗り過ごしたのだ。
   いい天気で、釣りながらの酒は最高だったのだ。
 

手打庵から、回って来たのだ。
   面白いぞぉー!
   こうやって、関西では本が回覧されているのだ。
 

本日の成果はこんだけ。
   カルシウムたっぷりなのだ。
 

おしまい。