16 Oct. 2017

「南アフリカ旅行 (その1 ジャカランタ)」・・・・・京都のリンダ

いやあー久し振りの遠出でした。
一週間の旅行で8回の飛行機を使い、延べ搭乗時間40時間超、乗り継ぎは別にして7回の国境越えでした。
貧乏人はビジネスは使えずエコノミー症候群寸前で、夜中にこむら返りが起こってしまいました(ツムラの68番で大事にならず)。

南アフリカ旅行で南ア、ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ4か国を回って、目的はジャカランタの花、喜望峰、ビクトリアの滝、サファリと盛沢山でした。

各国ともほぼ英語が通じますが、殆どが黒人で南アでも八割が黒人になります。

簡単に各国の概要を。

   南アフリカ共和国  ザンビア共和国 ジンバブエ共和国 ボツワナ共和国  (日本)
人口  5298万       1294万      1252万      195万     12686万
面積  122万㎢       75,3万㎢     39万㎢      58,2万㎢   37,8万㎢
首都  プレトリア(注)  ルサカ      ハラレ      ハボローネ     
独立  1961年       1964年      1980年      1986年

(南アは最初オランダ領だったが最終的には全て英領からの独立で、ザンビア、ジンバブエはに北ローデシア、南ローデシアと呼ばれていた)
(注)南アはプレトリアが行政の中心、立法はケープタウン、司法はブルームフォンテーンと別れている

ぼちぼちレポートに入ります

まずはキャセイパシフィック航空で

香港へ向かいます

香港で南アフリカ航空に乗り換え

香港の夜景を見ながら13時間とチョコっと

CAも黒人と中国人

はるばる遠くへ来たもんだ

南ア近くで、あれは南十字星では?オートで撮れました。

南アの紙幣、単位はランド(1ランドは約10円)。マンデラさんと動物の図柄です

南ア最初の陸地です、ヨハネスブルグ。

オリバータンボ国際空港

何故か入国は超満員、1時間ほどかかりました(アフリカ時間???)

飛行場からは電車もあります。

ヨハネスブルグは素通りみたいにして、プレトリアのジャカランタです

高級住宅街で暫し花見。南アではジャカランタが咲くと春が来る証で日本の桜と同じです

名前はわかりませんが色んな花が咲きます

これは現地のガイドさん、日本語はイマイチだがとにかく明るい娘(?)でした

右を見てもジャカランタの並木

左を見ても

立派な木も

暫くご覧ください



プレトリアの自然博物館、恐竜も出土

足元も花びらで埋まっています

街中の風景、野菜を売っていましたが人懐こく笑いかけてきます

殆どが黒人

ここはユニオンビルという公園

市内を一望できます、高層ビルも

こちらは住宅地区でジャカランタも

これはバラですね

名前は??

デカい銅像が

マンデラさんですね。反アパルトヘイトで大統領にもなり、ノーベル賞も。

ゴクラクチョウカでしょう

銅像を撮っていたら、私達も、、と。姉妹のようでした。決めてますね!!

ランチは小洒落たレストランで

最初の食事ですがサラダと魚料理、デザートでした

レベル高いですよ



以上1,2日目の途中でした。

この後また空港に戻りケープタウンに向かいます。

つ・づ・く