29 Nov. 2017

小さな秋の旅つめあわせ by Yoko

 

軽井沢彫りの「大阪屋家具店」さんから、旧三笠ホテルで展示会があるとの

ご案内を受け取りましたので、ちょっと行ってみました。1014

 

旧三笠ホテルは、小春パパ&ママが9月に訪問され、ご案内くださっているので

説明は省きます。 (あ― 助かった)

 

門のところでアオモリトドマツの香りが・・・

一本、それらしき木があった。  あ~ 幸せ。

 

正面玄関前の紅葉。

 

サンルーム

 

ユーミンの歌「経る時」 私は名曲だと思っている。

その歌詞の ♪二度と来ない人のことを ずっと待ってる気がするティールーム    

なんだか情景が浮かぶよう・・・

 

軽井沢彫りの展示会は五つのお店のものが飾られれて、大阪屋さん大好きの私の欲目か

大阪屋さんのものが一番丁寧で美しい作品のようにみえた。

 

日暮れは早い。今日の宿・奥志賀グランフェニックスまで急がねばならない。

ハルニレテラスへ寄ることは諦めて。まあ、ここは私にとって危険な場所だから

お財布が軽くならなくてよかったと自分に言い聞かせながら進む。

じんろくパパが「寄らなくていいの? いいの?」と何度も訊いてくれたが。

パパもね、一応勧めておかないと、後になって「行きたかったのに―」なんて

云われるのが嫌だから予防線を張っているのか??な?

 

あっ、そうそう・・・万平ホテルにもちょっと寄ったのだった。

綺麗に色づきはじめている木々。

 

志賀高原へ向かう時、こんなところを通りました。

 

分水嶺もあり。アオモリトドマツらしき木々があるのだが、香りがしない?

 

美しいドライブウェイ。生憎の小雨模様。

 

ホテルのお部屋・バルコニーから下をみると「ユウスケくん」のお誕生日なんだね。

素敵なホテルの心遣い。

 

こんな景色でした。 

冬はよいスキー場となります。皇太子ご一家も毎年いらしているところ。

15日も、窓の外はアメ― ♪

 

黄葉が美しい。

 

濃い霧   

 

カーブでは、この矢印がなければ「たいへんだぁ―」

 

 

1021日 一人で鳥羽へ向かいました。

22日からは、友人5人での〇〇記念旅行で鳥羽・お伊勢参り&奈良の旅。

台風が鳥羽を直撃しそうだったので、前日から一人で鳥羽入り。

鳥羽国際ホテル、キャンセル続出なのかお部屋をアップグレードしてくださり

立派な望遠鏡付のお部屋だったのだが、お天気がこれでは~ 22日の朝。

 

 

午後からは、鳥羽国際ホテル隣の旅館・潮路亭へ皆が集まり始め。

潮路亭玄関

 

夕食は海の幸にあふれて美味しかっただよ―              外は暴風雨。

 

夜中に台風が行き過ぎて。

朝食は女性好み、小皿でいろいろ&「カマス」

 

宿の外、だんだんと晴れてきて

 

 

 

朝食後、旅館は停電。近鉄は一部不通。

なんとかお伊勢参りへ。

 

宇治橋から川面をみると

 

五十鈴川も濁っていて

 

お参りを終えて名物伊勢うどん。

 

今宵の宿、奈良ホテルへと向かった。

なんたって夜中に大型台風通過したあとだもの。いろいろあっただよ~

長くなるので割愛。

しかし、ディナーの予約時間に余裕で到着。お見事!! Awesome!

美味しかった―

 

朝食は茶がゆに。

 

午前は奈良交通の観光バス「岩船寺と浄瑠璃寺」コースに乗った。

浄瑠璃寺は好きなお寺であり、吉祥天女像も特別ご開帳であった。

奈良観光とはいっても、実際には京都府へ行ったのであった。

三重の塔前で。

午後は、一足先に帰るものあり、観光もそれぞれに。

東大寺境内が、あれほどの数の修学旅行生であふれているのを始めてみた。

鹿ものんびりとしてられないねぇ。

東大寺ミュージアムで日光、月光菩薩をみたあとは、奈良市写真美術館へ。

入江泰吉の写真を鑑賞し、また東大寺界隈へと戻り・・・

この小鹿ちゃん、可愛かったなぁ。

 

台風へ向かって行った〇〇記念旅行であったが、無事に終えることができて

私はこれで今年の運を使い果たしたのか・・・

麻雀のお成績がいまひとつ、ふたつ・・・

なのでありました とさっ。

 

1110

新潟県は松之山へと出かけました。

 

以前も訪れた星峠の棚田。

 

美人林さんを訪れるのは3度目です。

2015年春  2016年冬にも。秋は初めてで黄葉に期待が高まる。

 

ブナの木から力をもらって・・・

 

宿は「ひなの宿ちとせ」三回目。

{真空パック入りの妻有ポークの熟成肉「越乃紅」を63〜68度の松之山温泉の

源泉の温泉熱で2時間ほど低温真空調理したものが「湯治豚」です。}

を戴きました。

 

10日はよく晴れて美人林を堪能。

11日は、またもや雨。

この小さな旅のつめあわせ、雨、台風、雨。

同行の叔母が「私は晴れ女なんだけど・・・」いつもそう云われる。

じんろくパパと二人で聞かないふり、スルーした。

 

旅行の度に、何度 ♪窓の外は 雨  雨が降ってる と歌ったものか・・・

 

                       お し ま い