30 Nov. 2017

「池ポン先生ご夫妻と過ごす晩秋」

博多では決して味わう事の出来ないレベルの牡蠣求めてやって来たのは行橋は簑島漁港

11月中旬から始まる優雅でプリプリ頂ける牡蠣小屋、、、滋養豊富な今川と長峡川の河口に掛けられた牡蠣棚からのプレゼント

たまにしか揚がらない地元産甘エビもゲット、、、生で善し、焼いてまた善し

週末は客人ごった返す牡蠣小屋、今日は貸し切り・・・

小ぶりでも中身はギッシリの豊前牡蠣、、、たらふく喰ったら

北九州市は門司に在る ”白野江植物公園” お初訪問

案内によれば 「正に見頃時期です」 65歳以上は無料の特典受けて嬉しい入園!?

「良か時に来たとやねえ」

25000坪の園内には800本の紅葉他、数多くの落葉樹の天然林に恵まれた正に紅葉狩りにピッタリの丘陵地

「博多にはこんな公園はなかなあ・・・」

発色が際立っていて見飽きる事のない木々

微妙な彩の濃淡堪能しています

園内奥深い谷間になっていますが、その入り口辺りで1枚

苔生した小径歩むと、此処から始まる極上エリア

暫し天蓋に眼を向けてご覧ください

周防灘眺める高台にある庭園が受ける陽光はタダもんじゃない

行けども行けども絶える事ない彩

いいねえ、いいねえ! まるで映画のシーンや!

稜線歩き終えたら、谷間へと向かいます

緑加わると、何とも云えない風情溢れる1枚となる

地形活かされたアップダウンの極楽処

何気なく撮った一枚ですが、、、秀作!?

こちらは一転黄色の世界・・・

稜線見上げるとこんな風

谷底から見上げる多色刷りの森

いいですねえ、好きですねえこんなショット  ←自画自賛

いやはやなんとも・・・

打越山の懐に抱かれた丘陵地は北九州市のお宝!

桜の時期もさぞかしと思われます

ぐるり廻ってエントランスに戻って来ましたが・・・

此の発色は市街地のお寺では望めぬレベル

最期に桜さん、、、秋と春が同居の1枚でおしまい

小春日和の晩秋の一日・・・

池ポン先生ご夫妻

「これでまた、寿命が延びたや!」

喜んでいただいて何より何より

だんだん

P.S.

アルバムに追加して下さい