22 Nov. 2017

「近場で名残の紅葉狩り 竈門神社・曽根櫨並木・永勝寺」

21日の日の出前、今日も素晴らしい外出日和だ!

近場で紅葉云うたら大宰府のあそこはどうや?

竈門神社にやって来たが、、、

それがな、、、発色がいまいちなのだ

ところどころ鮮やかな朱に出会うが

ほとんどこんな具合の不完全燃焼紅葉

まあ贅沢は言うまい、今までが良過ぎたのかもしれない

立地? 温度差? 日差し?

最後に少々元気貰ってこちらを後に・・・

天満宮にやって来て、早速紅葉探しから

博多港に大型客船停泊していたからもしかしたら!? 案の定参道も境内も、外国語飛び交う別世界

こちらも竈門と一緒なん?

暫しお付き合い下さい

竈門さんよりむしろこちらがお奨めなようですね?

有難うさんでした、、、お次は?

久留米インターまで車飛ばし、緑化センター傍の柳坂地区へ到着

いいねえ、いいねえ、、、

櫨の紅葉なんて今時、そうそうあるもんではなかろう

容易い里の秋発見の一枚

透明度高きフレッシュな空気読み取れるでしょ?

直射日光面は色褪せて見えるから不思議

少々斜に構える撮り方がモアベターだよ!?

今尚、こんな小径が在るなんて

真正面からだと発色不足露呈確認です

写真は奥が深い・深い・・・・未だ入門編!?

更に未納連山に近づくと

な、なんと活力溢れる銀杏さん

開祖1300年以上前だという ”永勝寺”

質素な本堂 開山時は天台宗だが今は曹洞宗

山中散策して見ましょう

「この秋は、1週間前に紅葉したかと思ったらもう落ち葉なんです」 との事、自然相手にとやかく云うのは愚か者!?

正面にぼんやりは、寝たる姿の ”宝満山” 眼下に先ほど愉しんだ 櫨並木

― 裏を見せ 表を見せて 散るもみじ ―  良寛

                                     こんな立派な心境になかなかなれそうもない ←反省

こちらのシンボル ”大銀杏” 樹齢400年!?

降りて来ました昔・昔の門の名残、、、36坊有した壮大なスケールだったのが偲ばれます

さて、さて、もう充分堪能した筈のこの秋の紅葉狩り・・・

そろそろ市井の秋も一層深まり見せる頃、、、落ち着いて名残の紅葉愉しめって事!?

だんだん