29 Nov. 2017

関西花便り(京のもみじ)・・・byはなママ&はなパパ

11月25日、高校の同窓会のクラブ「爽筑会(そうつくかい)」に、

参加してまいりました。関西のおっさんたち、おばさんたちも一緒です。

すでにさすさらさんのレポートが出ていますが、これはその補足版。

もみじは花ではないのですが、晩秋を彩るのは、やはりこれ。

伏見稲荷から北上して、京都七条の智積院(ちしゃくいん)まで約12キロ。

歩きましたねぇ。

まずは、皆さんよくご存じの伏見稲荷大社。

秦氏の祖霊を祀るものとして造られましたが、今は全国3万のお稲荷さんの総本山。

ここで有名なのは。何本あるか分からないほどの鳥居。

詳しい話はさすさらレポートを見て頂くとして、この日は約220mほどある

山頂までのお歩きです。では鳥居をくぐって歩きますよ。

山頂まで行くと、このような眺めが。

食事後、今度は鳥居をくぐって下ります。

3人娘?が歩いています。

次に向かったのは、まだ入ったことのない人もいた東福寺。

やはり京都のもみじはここが一番でしょうか、向こうにある庭園に入ります。

もみじ真っ盛り、すごい人の群れでしたね。

ずずーっとご覧ください。

見上げると通天橋が見えます。

4人のおっさんたちは通天橋に上がったらしいのですが、我々は諦めて庭園だけ。

次があるので出ます。JR東福寺駅の方へ向かいますが、

途中、外から通天橋が見える。よく新聞で出ている場所。

東福寺からはまっすぐ北の方へは行かず、東へ向かいます。

その途中の風景。

中途のお寺は割愛して、今熊野観音寺。

はなママに、何て読むの?と聞かれて、そのまま「いまくまのかんのんじ」。

ここは隣の泉涌寺(せんにゅうじ)の塔頭、住所も泉涌寺内となっています。

高校の同窓会近畿支部では、いくつかのクラブ活動があり、

今回の爽筑会は、20年前にできた一番古いクラブ。ウォーキングクラブです。

今のリーダー、1年先輩のキシモトさんはこのお寺がお好みだとか。

橋の上は、もみじのトンネル。

寺内に入ります。

見晴らし台があり、

はい、私の写真です。

周りをよく見てくださいね。丁度良い時期に連れて来てくれたリーダーに感謝。

やはり、もみじは京都でしょう。

また、途中経過は省いて、歩きも終わりの地、智積院です。

京阪七条から東へ20分ほど歩くと国立博物館、三十三間堂へ着きますが、

そのまま東大路に出たところにこのお寺があります。

真言宗のお寺です。

寺内はよく手入れがされてあり、本堂には入らず、無料の庭を歩きます。

この日は、みんな2万歩以上のお歩きでした。

十分にもみじを堪能しました。

集合場所で、では、またお会いしましょう。

 

オプションその1

11月26日まで開催された、国立博物館の国宝展です。

11月1日に訪れました。

 

オプションその2

11月12日、出身大学の年に一度の「ホームカミングディ」を訪れたときの大学と、

(彼女は、卒業生ではありません。)

隣の、京都御所の風景。