31 Mar. 2017

安・近・短の台湾縦断 その1

by 京都のリンダ

今回はギリシアに行こうと思ったが、安いツアー(流石にてるみくらぶじゃないけど)の人数が集まらず中止に!!
急きょ替わりに安・近・短の台湾へ、前に一度行っていましたが台北のみだったので今回は南の方も、ちょこっと。

ということで、今回は関空→台南(関子嶺温泉泊)→台中(泊)→(十分・九份)台北(泊)の三泊四日の旅でした。

今回はお初のチャイナエアー、こんなCA居ないかなあ・・・・


11:40発、時差は一時間で3時頃着です


ナンと、山口組???乗務員のことらしい


雲の上は青空ですが、、、、


台南上空、日本と同じ風景


地方都市の小さな空港です。人口は190万、台湾第4の都市で古くから開け台湾の京都らしい


行ったのは赤崁(?)
楼。オランダ人が建てた城。


ヤシの木などの緑の中です


立派な作りです


これはオランダ製のレンガ、当時セメントが無いので米のノリでつけたそうな


町の様子はほとんど日本


寿司屋の屋台も


今夜の宿泊地の温泉へ、この風景も日本と同じ


鄙びた温泉地の風情です


ここが宿泊地、関子嶺統茂温泉会館、ここは元は金山で
泥温泉、日本人開発。


電梯・・・がエレベーター


一応プールもありリゾート温泉


暗くなって、これも温泉街の風景


コンビニにはおでんと焼き芋が


当然肉まんも


夜も更けてきました、おやすみなさい。


朝です、この担子麺はここらの主流らしい。担々麺の辛くないやつ。


泥温泉の写真はまた別途


これは車の前面ガラスに貼ってあるチップ。高速は料金所無しでこれで読み取るらしい。IT大国なのだ。


高雄市に来た。台湾第二の都市で人口280万、台湾の大阪だ。


寿山公園に来た


これはくまモンではなく、高雄熊とあった。でも似てるなあ。


大濠公園風だ


手前には蓮の花


これは龍虎塔、竜の口から入って虎の口に抜けると悪行を帳消しにしてくれるらしい。勿論行きますね。


ここから入ります


中もいろんな物が


途中ですが七重の塔です


抜けてきました、スッキリですね。


これは前にある啓明堂、関羽を祭ってある。


中も煌びやかです


屋台ではフルーツを、台湾は東南アジア同様フルーツの種類は豊富。


もう一つの塔に向かって


こちらは春秋閣、観音様も。


昼飯は飲茶です


他にもありましたが、これはスープ。


杏仁豆腐ですがそのまま豆腐切りで出てきました。


関帝廟は山の上、高雄市内が一望です。


台湾一の港、クルーズ船が停泊中。きっと本土から大量に、、、、


この上でした


市内は通過します


哺(?)里、プーリ。ここは紹興酒の産地らしく工場見学とか言っていたが。単なる売店とイートインで大不評。


9029 日月潭へ来ました。文武廟、孔子と関羽が祭ってある


立派なところです


 


 


湖は靄ってよく見えません


これは良くある鍵の名所


標高約800m、周囲24kmの台湾一の湖


まだ靄っています


来た証拠


暗くなってライトアップ


近所で夕食、この店はガラガラで大丈夫?その後台中へ



続く・・・