29 Jul. 2017

「京都あたり」・・・・・さすさら


ラオスもいいが、最終回の前に京都なのだ。
   これは何と読むか、分かりますね。
 

梅雨も明けた27日木曜日、ここに来たのだ。
 

まずはここ。美人の神様なのだ。
   よく読むように。
 

この3人で回るのだ。
   熱中症にならないように、注意しながら、なのだ。
 

本殿。
 

ここで、女性たちが何か、やっているのだ。
 

鏡絵馬 800円。
 

そうなのだ。彼女たちは、自分の化粧品で描いているのだ。
 

こうやって、奉納すれば、美人になれるのだ。
 

ここには。
 

これと。
 

これが祀ってあるのだ。
   サッカーの守護神ですね。
 

神様はどこから拝んでも、お見通しなので、並ばなくてもいいのだ。
 

鴨長明はここの神主だったのだ。
 

方丈記はここで書かれたのだ。
 

糺の森と瀬見の小川なのだ。よく読むように。
 

ここ全域が世界文化遺産なのだ。
   そう、ルアンパバーンと同じくなのだ。
 

 

境内図。賀茂御祖(かもみおや)神社が正しい名前なのだ。
 

光格天皇の擬雪、なのだ。
 

これですね。
 

 
 

で、私は大国主神、これですね。
 

今回の主目的はこれなのだ。
 

間違えないようにするのだ。
 

靴を脱いで、ここで300円を払い、ローソクを受け取るのだ。
 

30㎝くらいはある水は冷たくて、心地良いのだ。
 

こうやって、進みローソクに火を点けて。
 

ローソクをお供えするのだ。
 

こんな感じですね。かなりな人手なのだ。
 

ここで御神水をいただくのだ。もちろん無料。
   私はペットボトルを空にして、満タンにしてもらったのだ。
 

よく読むように。
 

ここが、みたらし団子の発祥なのだ。
   これで、3人とも無病息災なのだ。
 

いろいろと、あるなぁー!
   知らんかった。これは。
 

これなのだ。
 

こんなのもあるのだ。
 

貴船神社にも似たようなのが。
 

ありがたいことなのだ。
 

みたらし祭は30日までやっているのだ。
 

熱中症になってはいけないので、水分補給するのだ。
 

賀茂川を歩いて。
 

鷺を見ながら。
 

よく読むように。
 

これですね。
 

 

 

そう、上賀茂神社なのだ。
 

外幣殿。競馬はここから始まったのだ。
 

ここで馬を走らせて、外弊殿で見たのだ。
 

熱中症には水分補給だ。
   四条河原町の「一銭食堂」。
   お好み焼き 680円。生ビール 550円。
 

四条では有名なのだ。
   客は外人さんが多いのだ。
 

目印はこれ。
 

京都で飲んで、三宮で飲み直し。
   ここは生ビール250円。キャベレツ 380円。
 

水分補給をしっかりしたので、熱中症にならかったのだ。
   御疲れさま。
   暑い中、本日
 

14700歩。
 
以上