20 Jul. 2017

関西の風景(大阪の夏祭り・その1)・・・byはなママ&はなパパ

 

夏は、祭りですねぇ、博多の山笠も終わり、京都では祇園祭のコンチキチン。

大阪は、三大祭りがあり、まず一番手に三大祭りには入らないようですが、

愛染(あいぜん)祭りで始まります。この前7月2日に行ってまいりました。

大阪市天王寺区にある、愛染堂・勝鬘院(しょうまんいん)は、四天王寺の別院で、

愛染かつらの舞台、縁結びの愛染明王が祀られています。

当然に屋台がたくさん並びますね。

では、境内に入りますよ

正面の金堂には特別公開の愛染明王。よく見えませんが。

ここでの目玉?は、愛染娘。

10名ほどの選ばれた娘さんたちが、浴衣を着て盛り上げます。

本当は、彼女たちは天王寺からかごに乗ってお寺までのパレードが行われるのですが、

間に合わず見れずに残念。

奥には、多宝塔にこれも特別公開の大日大勝金剛尊。

では、屋台の道を抜けて、次へまいります。

ここ、四天王寺周辺は、お寺が非常に多いのですが、次へ向かう途中に

マンションらしき建物、いやマンションですが、

30年以上前に、寺社仏閣の建築補修で有名な、聖徳太子の時代からある?という

金剛組が建てたもの、分譲当初は話題になったそう。右横のビルはその本社。

で、その横を過ぎると、聖徳太子の四天王寺、中之門。

五重塔。

案内図。

六時堂前の石舞台。

中央の金堂の方へ向かいます、遠くに天王寺のアベノハルカスが見える。

仁王門から、金堂へ。

建立当初の風景を描いた絵があった。

一回りしたので、帰路につくことにします。極楽門に転法輪が。

この日は、ここまでです。はなママがウン十年前に卒業した母校の前で、

ご挨拶。また次のお祭りをお届けします。