01 Feb. 2017

「写真撮影のお勉強」

編集部のカメラが代わったのは良いけれど、、、まだまだ不慣れにつき今日はそのレッスン兼ねて郊外へ・・・

糸島のレストラン  の庭には満開間近の河津桜が・・・

開店時間の11:30に合わせ入店

お腹具合は如何?

暖炉傍の席に陣取って

ランチの前菜撮ってみたけど、、、

庭の手入れに余念のないオーナーシェフ父の、庭にかける情熱話に耳傾ける

それを隠し撮り!?

糸島に来たらこちら ”別格本山 雷山千如寺” に寄ってパワー頂こう  M.F.さんの正しいお参りの作法撮ってみた・・・

紅葉の頃には物凄い人出となるのは読者の皆さんご存知の ”大かえで”

堂内撮影は不可なれど、噂の御本尊鎌倉期の ”千手観音立像” と手の届く距離でご対面!

パワーしっかり受け止めたら、、、こんな表情に!?

冷えた体を温めるべく

立ち寄った此方では珈琲カップで大盛り上がり

敷地内には樹齢170年の山桜の大木、、、手打ち蕎麦も堪能出来る部屋もあるので再訪せねば・・・

さて~山の次は海・・・

「こんなに立派だとは思ってなかったわ」 とT.H.さん 二見が浦の夫婦岩の冬景色

糸島巡り終え・・・

「愛宕神社は初めて」 との仰せ

頃良く日暮れ時だったので

思わずシャッター!

今日は未だカメラの勉強中、、、Autoに任せっきりだったのでお許しを!?

「まだまだやね?」

撮影お勉強に協力頂いたお三方に感謝!

だんだん

P.S. 早速伝言板に過分のメッセージ、、、喜んで貰って何より・・・・・

 パワースポットでエネルギー満タンです!  [返信] [引用]
編集長殿、小春ママさん

昨日は、遠来のTHさんダシのこちらまで、過分の行き届いたおもてなしに与り、
ありがとうございました。

日常を離れることの少ない者にとって、‘何という贅沢な大旅行!’
福岡に住んでいながら今まで気づかなかった糸島の魅力を
思いっきり堪能させて頂きました。

暖かい暖炉の傍で頂く新鮮な海の幸と地物野菜の優しい美味しさ、
冬枯れの庭で健気に寒さに耐える冬すみれ、柔らかなピンクのオールドローズ、
早咲きの桜はもうほころび初めて、『ディマーレ』は、花の季節とはまた違った居心地の良さで来客を包んでくれました。

思いがけず拝観の機会を得た雷山千如寺の観音様。
圧倒されるお身丈から発せられるはかりしれない功徳の恩恵に浴して、
今年一年分の元気の素を授かったような気分です。
天を蓋う大楓の深紅、途中教えて頂いた見事な一本桜の艶やかな姿を想像しながら、また次の季節への楽しみが広がりました。

お勉強中と謙遜なさるカメラマンさんへ

『〇〇でない方もそれなりに・・・』から
『〇〇でない方は別人のように美しく・・・』
そんなカメラがあったら是非!
「無理なお願い! 直ちに却下!」???でしょうか。

愛宕山からの夕焼けの写真、冬の風情が感じられて素敵です。

MF  ++.. 2017/01/31(火) 16:07 [20924]

編集長 小春ママ様 MF様

お連れ頂いた糸島の余韻に今も浸っております。
今朝は伝言板のMFさんの投稿のお言葉で、
目にした風景のひとつひとつが一層鮮やかに蘇って来ました。
本当に心に残る素敵な1日で、
ドライブしてくださった編集長とご同行のみなさまに感謝、感謝です!

糸島の海と穏やかな山々は昔訪れた時の姿のままで、
古代からの人々の営みや、大陸との海路での交流の歴史が
ごく自然に親近感をもって想像されました。

最近はランチに訪れたデイマーレのような、周囲の佇まいに溶け込んだ
お洒落で美味しいレストランも出来ているのですね。
新鮮な野菜を美しく盛り込んだ美味しいお料理が印象的でした。

また伊勢の二見浦よりも広々とした砂浜に、真っ青な荒波が打ち寄せる
糸島の二見浦夫婦岩にもびっくりでした。こんなところがあったなんて。

雷山の中腹にある巨大な千手観音にも連れて行っていただきました。
貴重な鎌倉、室町時代の遺構や素晴らしい仏像が福岡近郊にあることも知りました。
真冬の時期で参拝者も少なく、観音様のそば近くまで入れていただけたことも
幸せな事でした。

それにしても当方のMac,まだこの記事をアップしてくれないんです。
なんでーと言いたいのですが、そろそろ買い替え時なんでしょうか、
伝言板の二見浦の画像を見ながら、待ち焦がれております。

貴重なお時間を割いての糸島へのドライブ、
改めてありがとうございました。

TH  ++.. 2017/02/01(水) 08:07 [20927] [引用]