20 Dec. 2017

「梅田あたり」・・・・・さすさら


19日(火) 昼前の阪急御影駅。
   気温10度。やや寒いが、いい天気なのだ。
   神功皇后(14代仲哀天皇の皇后、15代応神天皇の母)がこの地で
   澤乃井の水面に姿を映したので、「御影」となったのだ。
   六甲山あたりで取れた石を、ここの海岸から出荷したので、
   御影石なのだ。
   ちなみに、澤乃井の水で上質の酒が出来、「灘の生一本」となった。
   白鶴、沢の鶴、菊正宗、剣菱など。
 

梅田で忘年会なのだ。
   13時集合なのだが、20分前には来ているのだ。
   年をとると、早いのだ。
 

まずは本の交換。逢坂剛に堂場瞬一。
   面白いのだ、この二人は。
 

はなパパは佐伯泰英の磐音シリーズ全53巻を持っていて、
   リンダさんに4、5冊づつ貸しているのだ。
   現在半分ほどで、先は長いのだ。
 

この5人ですね。
 

ここのおでんが美味しいのだ。大好きなのだ。  
   この店では関東煮とよんでいるが。
 

牡蠣フライとギョーザ。
 

話題がいろいろと出てくるのだ。
 
 
どんどん食べて、ガバガバ呑むのだ。
 

ビールから焼酎へ。
 

ネギぬた。
 

ニラ玉。
 

調子が出て来て、赤くなるのだ。
 

誰かさんの真似をして、可愛い外人さんを見ると
   英語を使いたくなるのだ。
 

2時間半経過。よく、しゃべったのだ。
   そう、あなたの噂も出たのだ。
 

もう十分なのだ。
 

お店はこんな感じなのだ。
 

こんだけ。一人2400円。安いなぁー!
 

駅前第4ビルの地下なのだ。
 

生中が190円。5杯飲んでも1000円なのだ。
   上のお尻を見ないのだ。
 

地上に上がったら、これがあるのだ。
 

当たったら、5人で世界一周に行くのだ。
 

これを押しておくと、当たるそうな。
 

 

お初天神さん。
 

締めはここ。
 

彼は、ここはお初。
 

大阪ではここが一番。
 

1斤1150円。
 

あー、美味しかった!
 

16時40分解散。昼飲みは良いのだ。
   来年の初呑み新年会を約束して、お別れ。
 

今年もつたないレポートを見ていただき、感謝、感謝!
   来年もよろしく!
 

以上