17 Dec. 2017

「六甲山あたり」・・・・・さすさら


15日(金)の新神戸駅。
   上空には布引カーブ園へのロープウェイが動いているのだ。
 

10時にスタート。絶好のハイキング日和。
   まずは市ケ原までの3.7kmを歩くのだ。
 

上にある神戸市立森林植物園が本日の目的地なのだ。
 

先ずは、いつものように、布引の滝へ。
 

本日はこの4人なのだ。
   左端は大坂検定、その隣は京都検定の、それぞれ2級を
   合格したのだ。偉い!
 

雌滝。
   右にある石積みの建物は明治33年に建てられたもの。
   丁寧に石を加工して組み上げており、非常に珍しい構造物なのだ。
 

松の音 琴に調ぶる 山風は
        滝の糸をやすげて 弾くらむ  紀貫之
   
   平安時代、京の都から、ここまで遊びに来ていたのだ。
 

雄滝。
 

夫婦滝。二つが一つになるのだ。
 

よく読むように。
 

これも明治33年に出来たのだ。
 

神戸市民はここの水を飲んでいるのだ。
 

これは重文なのだ。
 

よく読むように。
 

11時24分に市ケ原に到着。再度公園へはここから
   曲がるのだが。
 

まっすぐ、北上するのだ。
 

いい天気なのだ。紅葉も終わり。
 

ここを右折。間違ったら、遭難するのだ。
 

六甲山あたりを舐めてはいけないのだ。
   よく、確認しながら、歩くのだ。
 

こうやって、川を何回もクロスするのだ。
 

歩きにくいのだ。
 

何回、川をクロスするか?
 

そう、20回渡るのだ。そんでこの山道をこう呼ぶのだ。
 

ツエンティはないなぁー!
 

上高地ではないのだ。
 

 

なかなか快適な良い道なのだ。
 

しんどい所もあるのだ。
 

よく読むように。
 

これですね。
 

到着。
 

東門の料金所。冬季は誰もいないのだ。
   入場料は300円。箱に入れるのだ。
   ただし、兵庫県民の65歳以上は無料。
 

残念ながら、この時期は何にも咲いていないのだ。
 


13時25分。やっと食事ですね。

 

今回は焼きそば。これが美味しいのだ。
 

山茶花だけが咲いていたのだ。
 

よく読むように。
 

サンタさんが登場するのだ。
 

樹木で作ってあるのだ。
 

樹齢2000年のジャイアントセコイア。直径5.4m。
 

ガイドマップ。
 

食事を終え、園内を散策しながら、西門から出るのだ。
 

まだまだ、どんどん歩くのだ。
 

15時にここへ。定番です、ここは。
 

太龍寺には寄らずに。
 

16時20分に下山。兵庫県庁前で。
 

仕上げはここ。元町の牡蠣小屋。
 

Cコースの90分食べ放題。
 

16時40分乾杯と共に食べ放題スタート。
 

ここはいいのだ。蒸したのを持ってくるのだ。
   食中毒を心配しているそうな。
 

さあ、食うぞぉー!
 

黒い手袋は貸してくれるのだ。
 

明石の坂越の牡蠣なのだ。
 

どんどん食うのだ。
 

食べ過ぎ呑み過ぎなのだ。
 

すぎもんがよく食べますねぇー!と感動しているのだ。
   このバケツで5杯を完食。
 

私は30ケは食べたのだ。18時10分に終了。
 

そんで、元町の大丸デパートで並ぶのだ。18時15分。
 

ここで18時30分。
 

少し見えて来たのだ。
 

ルミナリエなのだ。
 

物凄い人出。そういえば花金なのだ。
 

 

H7年の阪神大震災の年から始まり、今年で23回目。
 

光の回廊、「ガレリア」。
 

 

ここいらはちょっと空いているのだ。
 

18時50分。終点の東遊園地に到着。
   光の壁掛け「スパッリエーラ」。
 

 

今年は神戸港開港150年なのだ。
 

 

写真をどんどん取っていたら、仲間とはぐれていたのだ。
 

LED電球を40万個使ったそうな。
   残念ながら、17日の日曜日までなのだ。
 

本日はこんだけ。
   お疲れさま。
 

以上