07 Dec. 2017

「安・近・短の旅 その3完(上海)」・・・・・京都のリンダ

前回は中途半端なところで終わり申し訳ありませんでした。
上海ガニの続きから最終回です。

茶そば(?)みたいなのに蟹が乗っかっています

ちゃんと蟹一杯付きでした

ばらし方は日本と一緒。これは身を食べるより、味噌と今回は内子付きです。美味ーい!!

外灘(英語ではバンド)の夜景をチョコっと。大変な人です。

ライトアップも中々ですね

昼と比べてください

翌日の朝食風景。若い彼は五、六回おかわりに席を立ちます。

食堂の風景を 


水槽に入っていたのは蟹ではなくロブスターでした

ここの出色は紫芋の蒸したの。美味かった

フロント前

リッツカールトンの象徴?

皆さんのご希望、、、、

こちらには横浜橋

魯迅記念館に向かいます

魯迅公園です

中にはダンスの集団が、あちこちに

ここにも、ただ銅像も一緒に???

文化人の銅像が並んでいます

これはゲーテと読みます

魯迅記念館の前で記念撮影

魯迅先生が若者に話をしてる(良く出来ています)

阿Q正伝

こんな作りです

外に出るとファンキーなオバちゃんが、これも電動。

こちらでは太極拳、本チャンでしょう

朝もやの外灘

豫園ですが、中には入らず周りの市場のみ

ここも人、人、人




突然ですが一昨晩食べた生煎はこうやって焼きます

お土産が沢山、今回は何にも買わず

ここはシュウマイ 

こちらはホルモンの串焼き

何処に行っても人ばかり

昼食は飲茶でした

その後とある路地を入って

ここは新天地、上海のナウい(最近はナウくない?)若者向け地域。

フランス風??ブティックとカフェですね。


”俺の”?日本語もナウい?

このフレンチブルでお別れ

空港の途中でテスラが走っていました。

やっと空港について、あとはひとっ跳びで関空です


以上でバタバタの上海3日間無事終了です。最初に夕食三食と書きましたが二食の間違いでした。訂正とお詫び申し上げます。

これでニッキュッパだと十分でしょう。仕方ありませんが、お土産屋さん(淡水真珠、絹織物、ラテックス寝具)に三軒、各一時間費やされました。

以上 お・し・ま・い