14 Apr. 2017

北国は未だ今からでしょうが、、、今春最後を飾るに相応しいお宝桜さんご対面と相成りました

「さくら・サクラ・桜 完結編」

「天気いいみたい、ちょこっと撮影のお勉強に行こか?」

九州道南下してとうとう此処までやって来た、阿蘇五岳背景に堂々たる姿の山桜発見!

”一心行の大桜”

山と桜、、、とても善い組み合わせだ

樹齢400年、傘幅26m、堂々たるお姿

桜は根っこが肝心、踏みつけるなんてとんでもない行為、此処の管理は安心

幹回りを廻っていますが、もう何周やった?

通常4月になったらすぐに満開、今回は葉桜かと思っていたら9日遅れで 「本日満開です」 の表示

とても400年越えとは思われぬ力強さ!

パワーふんだんに浴びさせて戴いております

タイミングの良さだけではなかった大桜の吸引力、、、凄い!

阿蘇の山々背景に頑張ってる姿

神々しささえ感じる立ち姿

最高の天気・開花状況に恵まれたこちらを後に・・・・・

ん~、、、数々の想い秘めたるお山です

もしかしたら高森の峠越えも良いか?

”千本桜” 正に見頃迎えている  ドローン動画はコレ!

なんとなんと県境超えて 今宮崎県、五ヶ瀬町に居てる

この枝垂れがロードサイドの個人宅の庭に!

此処のもそう、、、何と云う町なんだ

目指す寺にやって来て眼にする光景は、、、今正に満開の枝垂れ桜群

浄専寺! 馴染みないのも遠いから仕方ない!? 五ヶ瀬町大字三ヶ所宮之原浄専寺

江戸初期の創建といわれる静かな佇まいのお寺

いいねえ、何度来ても善い、満開に遭遇したのはお初!

樹齢300年近くのこの枝垂れ桜、、、観てピンとくるものアリ!

そう、京都は丸山公園のあの枝垂れ、、、ルーツは同じ筈

可憐なピンク

江戸時代後半に京都から住職が苗木を持ち帰り植えたもの

まるで雅の花の宴

我ら含め俄かカメラマン大喜びの被写体多数

艶っぽい花だこと

かなりの時間この夢の空間で過ごさせて貰いましたが

そろそろお暇の時間帯、お隣は高千穂、そう博多まではかなり遠い

有難うございました!!!

振り返って観る山門傍の巨大な白枝垂れ

これも危うい記憶回路に、、、忘れんとこう!

「浄専寺付近ではあちらこちらでしだれ桜が楽しめます」 の案内をランチした食堂で見たが

名もなき枝垂れ、、、博多に在ったらそれこそ夕刊飾るに違いない

抜ける様な青空、、、忘れ物に出会ったような気分

なんと、、、「休憩できます、庭のテーブルお使いください にしかわ」  道沿いの個人宅、恐るべしこの余裕この文化!  

五ヶ瀬町の心意気まで観させて頂いて、云う事なし!

優雅な田園風景

駐車させて貰った相撲場に戻って来て

御船インターへの寄り道、、、彼の ”通潤橋” 

チョイとの積りが花の威力、、、朝から延々9時間余り

とてもとても素晴らしい桜と、優しい人々の心意気知った花見となりました

だんだん もひとつ だんだん