04 Sep. 2016

「東京あたり」・・・・・さすさら


まだ暑い日が続く9月初め。
   久しぶりの東京。 
 

とりあえず、浜松町の彼に挨拶するのだ。
   365日毎日ずっーと、おしっこをしているのだ。
 

田町のここへ。春は奥にある芝桜が綺麗で、地元の評判だそうな。
 

ここに用事なのだ。
 

用事を済ませて、品川のここ。
 

「響」。サントリーの直営店。
 

ここでの会食はそこそこにして。
 

途中で抜け出して来た処は。
 

新橋にあるここに、一度は来たかったのだ。
 

全国の高校3000校のノートがあるのだ。
 

こんな感じなのだ。
 

いつも満員なのだ。今日は彼が予約しておいたので、
   一番奥の特等席。
 

よいよい会のメンバーもしっかり書いてあったのだ。
   このノートをゆっくりと見ながら、飲むのだ。
 

がめ煮を久しぶりで食べたのだ。
 

ここ「有薫酒蔵」の大将と女将さん。
 

新橋にもいい店がたくさんあるのだ。
 

次、行くぞー!でやって来たのがここ。
   分かりますかね?
 

そう、六本木の「アマンド」の前なのだ。
   すっかり、変わっているのだ。
 

乾杯は3回目。
 

珍しい栗焼酎なのだ。
 

飲んで、歌って大騒ぎ。
   俳優座の反対側にある「てまり」。
 

六本木の夜は更けてゆくのだ。
 

白金の娘の家に泊まって、小太郎と挨拶だ。
 

ほんで、翌日は新橋SL前に集合。
   よいよい会肥満組。
   

ユリカモメに乗るのだ。
 

日の出桟橋からこれに乗るのだ。
 

「シンフォニー モデルナ」のランチクルーズなのだ。
 

2時間10分の船旅なのだ。
 

5800円だが、予約していたので、500円引きなのだ。
   幹事の永田さんはしっかりしているのだ。
 

あの船ですね。
 

 

こんな感じですね。
   もちろん、飲み物はフリードリンクにしたのだ。2100円。
   生ビールが750円なので、3杯で元を取るのだ。
 

レインボーブリッジ。
 

フジテレビですね。
 

カンツォーネのサービスもあるのだ。
 

恐竜に見えるので有名な東京ゲートブリッジ。
 

真下を通過。
 

ゲートブリッジから見る東京。
 

海風が心地よいのだ。
 

飲み放題なので、2時間いい気分なのだ。
   しっかり、元を取っているのだ。
 

船内ではコンサートもあるのだ。
   酔っぱらいのオジサンたち。
 

海はいいなぁー!
 

赤い展望台は海の科学館。真ん中の船は南極探検の宗谷丸。
 

 

酔いを醒ますのには最適な風なのだ。
 

 

レインボーブリッジに帰って来たのだ。
 

まだまだ暑い9月には最高の東京湾クルージングだったのだ。
 

 

たっぷりと2時間あまり飲んで食べての大満足だったのだ。
 

旅はまだまだ終わらないのだ。
 

今度はこれだ。
   浅草まで船で行くのだ。
 

あの船に乗るのだ。
 

 

 

当然、ツーショットもあるのだ。
 

隅田川を登るのだ。最初の橋は築地大橋。
 

勝鬨橋。 真ん中が跳ね上がるのだ。
 

佃大橋。東京スカイツリーが奥に。
 

中央大橋。
 

永代橋。
 

隅田川大橋。
 

などと、土木屋さんが説明してくれるのだ。
 

吾妻橋。
 

スカイツリーとアサヒビール。
 

浅草に到着。
 

雷門。
 

このおねーちゃんに撮ってもらったのだ。
 

仲見世。空いているのだ。
 

よく読むように。
 

ここに来て。
 

記念撮影。
 

浅草はいいなぁー!
 

 

スカイツリーをバックに。
 

 

なんじゃ、これは。
 

締めはやっぱりここ。
 

電気ブランオールド。370円。
 

飲みっぱなしの楽しい一日だったのだ。
 

話は弾む、酒は進む。話題は尽きないのだ。
 

日本で最初のバーなのだ。
 

3人にはお付き合いいただき、感謝なのだ。
   こうやって東京の1泊2日の旅は楽しく終わった。
   飲みすぎたのだ。
 

おしまい。