20 Sep. 2016

恐怖のハギスHaggisと、フィッシュ&チップス

 

++++++++++++++++++++++++++++++

 

ビールはもっぱらエールAle を飲みました。最近は英国でもピルスナーがかなり飲まれているそうです。
エールの味は美味しいのですが、どうもグラスに風情がない。泡もあまりないしね。

 

ビールのことをもう少し言うと、コースターも付いてこないことが多い。
ドイツだと、様々な趣向を凝らしたコースターをポケットに入れて、記念に持って帰るのが楽しみの一つなんですが。

さて、左下のメインディッシュはハギスボールというものです。
ハギスという挽肉の一種を団子にして、衣を付けて揚げたものです。下はポテトです。
美味しいというのは難しい味でした。サラダはアボガドのサラダ、奥の皿はチキンにレモンソース和えです。
ブロッコリーの大きさが目立つ。

 

これはハギスタワー。マッシュポテトの上にハギスが乗っています。これはなかなか美味しかった。
ウィスキー入りソースをかけて食べるのが一番美味いとのこと。

 

さて、ハギスHaggisの正体は・・・ネットから写真を撮ってきました。
材料は羊の肝臓、腎臓、心臓、横隔膜などをミンチにし、カラスムギ、タマネギを加え、ナッツとドライフルーツも
加え、ビデオではブルーベリーも加えていた。それに黒胡椒、塩、クローブなどで味付けし、牛脂、牛ブイヨンを
加え、羊の胃袋に入れて茹でると出来上がり。

ハギスは見かけが悪い、不味い。恐怖のハギス。スコッツしか食べない。イングランドでは見かけない。

 

イギリスの代表的メインディッシュの一つ、フィッシュ&チップス。白身魚のフライ。鱈だと思う。
素材が良いからだろう、美味しかった。それからスコットランドではパンが美味しいのが、思いがけない発見でした。

 

(続く to be continued