17 Nov. 2016

「福岡あたり その1」・・・・・さすさら



11月12日、土曜日。朝7時40分の伊丹空港。
   リンダさんと一緒なのだ。
 

そう、8時発の便で福岡に行くのだ。
   2か月ほど前のこと。彼から片道8800円で予約したのだ、と聞いて
   それは安いなぁー!と乗っかったのだ。
   ただし、朝早いのだ。5時に起きて、夜空の星を見ながら出かけたのだ。
   したがって、手打庵は間に合わずに後から来るのだ。
 

9時20分に福岡空港に到着。
   そんなに早く来るのか、しょうがないなぁー、で彼が待ってくれているのだ。
 

そんで、向かうのは山鹿方面へ。
 

ここが目的地。11時だ。
 

この向こうが噂の…
   まだ準備中。
 

そんで、朝から温泉なのだ。
 

380円と安いのだ。
 

平山温泉。もちろん源泉掛け流し。
 

ここに入ると、つるっつる!になるのだ。
 

温泉はいいなぁー!
 

ゆっくりと温泉に浸かって、噂の天草大王なのだ。
  温泉のすぐ傍にあるのだ。
   一度、連れて行け、と前から頼んでいたのが、やっと実現したのだ。
 

席はもちろん特等席のテラスサイドなのだ。
  温泉に入る前に確保していたのだ。
 

まずは「ジュレ」。豆腐ですね。
   これが何とも言えずに、旨いのだ。
 

天草大王、という品種の鳥。通常の鳥の3倍ほどの大きさなのだ。
   なかなかお目にかかれないのだ。
 

キャベツは食べ放題。このタレでいただくのだ。
   好みで豆板醤を。
 

焼くのはもちろん、彼。
   塩を振りながら、ここを発見した時の講釈をたれるのだ。
 

焼きすぎるとダメなのだ。
 

馬刺し。こんな美味しいのは久しぶりなのだ。
 

ビールをお代わりしながら、天草大王を腹いっぱい食べたのだ。 
   軟らかくて、いくらでも食べれるのだ。
 

ご飯もお釜で炊いた新米で、美味しいのだ。
 

大王スープをご飯にかけて食べるのだ。
 

これをおかずに、まだまだ食べるのだ。
 

気になる値段は!
 

心をこめて人に会う!
 

あぁー、食べた、食べた。
 

彼はまだ食べるのだ。信じられん!
 

そんで、ちょっと遅刻。
   受付の美人たちが出迎えてくれたのだ。
 

まずは彼(肥満組、伊地知さん)が東北の地震の体験談を喋べっているのだ。
 

肥満組の二人。
 

こっちは蛸組。
 

右の二人はちょっと、顔が赤いのだ。眠かったのだ。
 

蛸組。
 

そう、よいよい会の50周年の大同窓会なのだ。
 

関西代表は彼。梅田スカイビルの話なのだ。
 

これは誰だ?
 

信じられん!紅顔の美少年なのだ。
 

中庭で。これは全体。
 

こっちを中心に撮ってと言ったのだ。
 

剣道場。懐かしい写真なのだ。県大会優勝。全国大会3位。
   決勝戦での審判はおかしかったのだ。
   佐賀県での試合で、佐賀の審判が佐賀北に旗をすぐに上げるのだ。
   アウエーだったのだ。
   50年前の話なのだ。
 

記念撮影。
 

立派な体育館なのだ。
 

この旗を見ると、血沸き肉躍るのだ。
 

資料館の見学。
   修猷学館があった土地を西南に売った金の一部で
   作ったのだ。
 

見学中。
 

修猷館の名は。
 

蘇鉄だけは変わらないのだ。
 

肥満組。
 


昼の部はこれで終了。
  いよいよ、本番の大同窓会なのだ。
 
続く