11 Nov. 2016

”浄水茶寮 Again” 

もうこんな季節になりましたね

浄水人 Akiyoshi君には以前から 「あの料理再現して!」 お願いしていたのですが、ようやく夢叶いそう

とても楽しみですね、、、とばかり今宵のゲストが集いつつある午後4時

お茶で始まった宴席、厨房からコトコトと期待の音も入り混じって

「色々構想ねってくださって、有難うございます」

狭い厨房にプロフェッショナルな道具運ばれた中、一番感心したのは大量の真っ白な布巾

最初の一皿準備完了の様子

説明から始まって

向付は松茸・帆立にほうれん草、酢の加減が何とも懐かしい!

では始めましょう・・・・・

お次の椀、とても懐かしいと思う読者多数でしょう?

今宵の為にリクエスト一番多かったこのお椀 浄水茶寮と云えば思い浮かぶ ”えび真蒸”

他所の何処の食事処に行っても再現不可能だったこの味、この感触、、、皆さん思い思いにお椀堪能できた瞬間!!!

「懐かしい海老真蒸の絶妙の塩梅と芳醇さに命を頂いた思いが致しました」 : MF

「こりゃまた凄い盛り付け!」

しめ鯖にマグロにアラ、運んでくれた重い器が肴を盛り立ててくれている

焚き合わせの焼き大根、、、香り豊かで心まで温かになる

これまた懐かしの ”ご飯” 厚かましくもフィレ肉お代わりしていたあの頃が懐かしい

一度失くしてしまったものが蘇るというのは人生そうそうあるものでは無いけれど

今宵の宴ではしっかりと呼び起こされた

暖かなぬくもりの部屋で語られた数々の話題

心からリラックスの様子で主催側もしてやったり!?

本日アシストしてくれた Okumaさん、、、かつて大人気のベーカリ屋さんオーナー 「今後こんな感じでパートナー組もうと思ってる」 : Akiyoshi

「やや恰幅よくなったakiyoshi君が饒舌で、楽しそうで、お店の時とは違った生活を楽しんでいらっしゃいますね、あれは芯から」 : V.K.

「久しぶりの浄水茶寮のなつかしいお味に舌鼓を打ちながら気心の
知れた方々との歓談のひとときは、かけがえのない幸せな時間でした。この日を待ち続けた甲斐がありました」 : k.mitiko 

「ホームページのあらゆるところから、羨望の声と視線が迫ってくるようで・・・
 過分の恩恵に与った者としては、身が細ります」 : MF

「懐かしの浄水茶寮、美味しかったなぁ」 : V.K.

内容充実の数時間、、、またまた心豊かになってゲストの皆さん見送りしました

だんだん