11 Dec. 2016

「万年山トレッキング」

大分道通るたび気になっていたこの山、”はねやま” と発しますが・・・・・

Wagiさんとの正月スキー合宿に備えんと、脚慣らしにやってきました

またまた何という好天下での山歩きなんでしょう

遠くに見えるのが湧蓋山

雲の下に興味ある山々、後ほど詳細出来るでしょう

Aに車留め置いて今B地点、此処からぐるり反時計回りのトレッキングの開始です

こんな林間コース抜けると

お花畑の始まり!

いいねえ、来てみたかった処なんですが

それにしても何と広大なエリアなんでしょう

時期が来ればこんな具合のお花畑

山燃える時期に再訪せねばなりますまい

鼻ぐり別れのC地点 (何を隠そう間違って此処より手前赤テープより登攀した為に1時間ほど山中散策の後なのだ!?)

”ちょっときつい階段” ですね

展望所D地点にて

高塚地蔵方面の風車は廻っていません

阿蘇は菊池の八方ヶ岳方面

快晴なんだが、春霞の様な薄めのヴェールに包まれている

こんな薮抜けると

視界も広がって来て

湧蓋山眺めながらのランチタイムじゃ!

遠く雲の下に阿蘇五岳確認

こんな処まで奇妙な植林事業やってはったんや!?

かろうじて見つけた秋の名残・・・・・

有難う湧蓋山、再び東目指します

馬酔木の林が延々と

ススキの遠くに英彦山確認

いよいよ万年山山頂方面が見えてきて

到達!

標高僅か1140mなんだけど 「随分歩いたなあ!」

久住連山もこの角度から観ると新鮮だ!

由布岳さんも遠くに・・・・・

パノラマで撮ってみたらとてもいい感じなのが撮れた!?

左より、黒岳・大船山手前に平治岳、お次のグループが三俣山・中岳・硫黄山・久住山・扇が鼻、ちょっと離れて湧蓋山

霞んで見えにくいが阿蘇五岳

菊池熊本方面

由布岳ですね

牧場が見えてきたら終盤戦・・・・・

「ハイ、降りて来ましたよ!」

此処で再び由布岳から湧蓋山までの大パノラマ、、、夢にも出るようシッカリと記憶回路に焼き付けておこう

”坂の上の雲” ですかね?

山中滞在5時間余り、総歩数約2万歩

快晴の元、超美味な空気に包まれながらのトレッキング

足腰も鍛えられて

だんだん