03 Feb. 2013

「DATE家のお茶会」

構想から約三年以上経過・・・・・

「ようやく茶室も完成しつつあるので、お茶会へどうぞ」と招待受けたのでDATE宅へ

本宅の上段に純日本式建屋が、、、あれか?

やがて此処待合に本日の招待客が参集の段取りだが・・・・・

どうやら博多時間!?みたいである、誰も居てない

つくばいにて身を清めねば茶室への入室はご法度らしい、、、作法知らぬは何とかだが、本当に困ったもんだ

亭主の出迎え受けいよいよ茶室へ・・・・・

躙り口から静々と緊張の体、、、なにせ私の人生経験でお初のイベント

床から亭主の座を望むの図

招待受けたは良いけれど 「不作法者やけれどいいとね?」 「なんのなんのご心配なくどうぞ」

こちら側は余裕の着席?

どうぞどうぞと皆さんに押されて座ったのが運の尽き!?

な、なんと正客の座っちゅうやないかい、すでに茶会は始まってしまって席の移動も不可

DATE家奥方のきりっとした立ち居振る舞いに緊張感が走る

美味しい主菓子の登場、、、皆さん実に優雅に食されます

いよいよ、お濃茶のお点前が私の目の前で始まります

この器が私の方へ運ばれる頃は緊張の極致、、、今思い返しても赤面もの

お作法教えて貰いつつ、難関を何とか済ませ隣席へと・・・・・

皆は心からお茶を愉しんでいる様子、、、偉い違いである

DATE氏も奥方のサポート役こなしているようで、ホッとさせられる光景

お次は干菓子が運ばれて来て、薄茶の頃合い

奥方とは違って、表千家の作法のDATE氏によるお茶

もはや和気藹々の宴!?

美味しくいただいた上に、お茶のお代わりまでさせて貰って

和風総本家じゃないけれど 「日本っていいなあ」

初体験のお茶会は記憶に残るイベントとして脳裏にしっかとインプットされました

心地よい雰囲気の中、、、かような会を催してくださったDATEご夫妻には本当に有難うございました

この場を借りて厚く御礼申し上げます