14 Nov. 2010

「2010年イタリアの旅」

”ベネチア二日目”

らんらん

一夜明けると
快晴。
 
水上タクシーでゴンドラ乗り場へ



ゴンドリエたちがわらわらと。
ボーダーのシャツに麦わらのカンカン帽



私達のゴンドラのゴンドリエ

 



ゴンドラ 一艘作るのに2000万くらいかかるらしい。(テレビの知識)



狭い水路もすいすいと



このようにゴンドラが行きかって



荷物の運びこみも船で



画面左ゴンドラを繋ぐ杭



約1時間後の終着点 



向こうに見えるのは対岸のサンジョルジョ・マッジョーレ教会
乗船料とは別に岸壁におかれた帽子にチップを入れる慣わし

 

上陸したところから歩いて5分のサンマルコ広場へ
途中ドゥカーーレ宮殿から牢獄への
ため息橋 



橋の小さな窓からの景色を
囚人たちがこの世の見納めとため息をつきながら
眺めたそーな。
両脇修復中なので感じがでませんね。
 
サンマルコ広場
大理石でできた大きな広場

 
サンマルコ大聖堂
ビザンチン教会特有の大小のクーポラが燦然と輝いて



 



 
正面2階にある青銅の4頭の馬は4世紀〜3世紀に作られたヘレニズム時代の傑作
レプリカ 本物はサンマルコ博物館内
頂上にはサンマルコ像

 
ファサードのアーチに描かれたモザイク画

 

 



 
左にブロンズ製のムーア人が時を打つ時計塔



右に鐘塔  このデザインは全世界の塔や高層建築のデザインに影響を与えたらしい。
ニューヨーク メトロポリタンタワー カリフォルニア バークレー校の塔等



左右側面にはルネッサンス期の建物(行政官舎) 



 
岸壁近くに対を成して立つ記念柱
守護聖人マルコのシンボル金獅子



聖テオドロス像 



その昔この柱の間で罪人の処刑が行われたので
ベネチアっ子は間は通らない。
 
鳩さんにパンくず。



イタリア的なもの、東洋的なものに囲まれた不思議な空間でした。
 
 
 
次に訪れたのはベネチアングラスの工房
職人さんの実演をみて売り場にご案内



誰も買わない。
なのに透明な赤の色にひかれて こまごまと
買ってしまった。
あとあとまで大きな手荷物をもっての移動する羽目に。
 
ガラス工房がある細い道をぬけたところで
なにやら人が上のほうを見上げてる。



このおばあちゃん敵国が進軍してきたところ
上から植木鉢を大将の頭上に落として
ベネチアを守ったつわもの



 
あとは楽しいご飯です。












続く・・・・・