04 May 2015

東北の桜 4  福島県 三春の滝桜

 

by Yoko

 

滝桜とは、エドヒガン系の紅枝垂れ桜で、大正11年10月12日に国の天然記念物の指定を受けた名木です。

日本を代表する桜の巨木で、日本三大桜の一つに数えられています。樹齢1,000年以上。

 

高さ 13.5m  幹回り 8.1m

枝振りは 東に11m 南に14.5m 西に14m 北に5.5m 圧倒される大きさ!!

 

小春庵で、中島千波さんの「三春の滝桜」をご覧になった方も多いのでは。

 

満開の頃は、近隣で大渋滞が起こります。

ここから6㎞ 3時間 なんて立て看板もありました。

観光バスやJR三春駅からの臨時バス、三春町運動公園からの無料シャトルバスなどは

一般車両とは別のルートを通りますので、渋滞にかからず滝桜へと向えます。

 

 

4月10日午前8時頃、三春・滝桜駐車場に到着しました。

まだ車は少なく、観桜料(一人300円)を払うべく料金所へと向かいます。

 

 

地下道を通って

 

 

この道の左側に、いろいろお店が出ていました。

 

 

いよいよ見えてきました、滝桜。

 

 

 

蕾は色が濃い。

 

 

アップで

 

  


 

滝桜の裏の高台から

 

 

角度を変えて、ずずず―っと

 

 

行った証拠!!

 

 

土筆が・・・

 

 

名残惜しいですが、そろそろ滝桜とお別れ。

 

 

未だ三分咲くらいでしたが、人が少ないのはよかった。

じんろくパパは「混んでいても桜が満開のほうがよかった」と・・・

 

滝桜の開花から4月28日までの様子は、滝桜ドットコムでご覧になれます。

 

滝桜は町の中心から離れたところになりますが、町中にある福聚寺の枝垂れ桜、枝振りが見事らしいので

開花は未だと思いましたが、ちょっと寄ってみました。

 

 

三春町を、あちこち車で走っていると、「応急仮設住宅」の看板がありました。

福島原発近くから避難してこられた方々の住宅なのでしょうか?

東北の大震災から4年経っても、まだまだ復興は進んでいなように感じます。

 

来年は、満開の滝桜に出会えるとよいな、と願っております。