17 Nov. 2013

長野の旅 2」

by Yoko 

渋滞もなくすいすいと着いた軽井沢。

小諸から一般道で軽井沢への道は、黄葉も美しく、軽井沢では沿道の

街路樹が紅葉する木々で綺麗でした。

 

旧軽銀座の通りをそぞろ歩きしましたが、寒くて寒くて・・・気温は1度です。

日も暮れてきたのでホテルへと向かいます。

 

万平ホテルへ泊まり、ディナーは洋食を選びました。

 

大鹿村の鹿肉のローストの薄切り カルパッチョ仕立で

大鹿村は、あの映画にもなった大鹿村なのでしょうね。

 

ゴボウとポテトのクリームスープ

愛媛産真鯛のポワレ

国産牛フィレ肉のグリル シャンピニオンソース

デザート

 

随分久しぶりで戴いたフレンチ、美味しかった~

 

ホテルフロントの上・・・亀のステンドグラスがお目出度い感じでよいわ。

かつては亀屋旅館だったことを思い出させます。

美しかったであろう、紅葉の木も葉を落とし

 

一度はあのポストから、旅の絵葉書を送ろうと思っておりました。

今回、ついに、送りました。

これから軽井沢の紅葉の名所、雲場池へと向かいます。

 

スワンレイクと呼ばれていた雲場池。午前10時頃の写真です。

 旧軽銀座にある土屋写真館で販売されていた10月30日撮影の雲場池紅葉は

それはそれは美しかったのですが、すでに木々は葉を落としておりました。

しかし、清涼感あるよい風景。この日はよく晴れて心地よい気分で池を一周歩きました。

 

 

 木の下に集まっている鴨たち。

 この方、お眠いのかしら・・・

 雲場池近くの別荘地。鮮やかな紅葉が。

 

このあと、鳩山由紀夫さんの別荘を外から拝見し(鳩山通りやブリヂストン橋というのが

軽井沢にはあります)軽井沢別荘族御用達のスーパーマーケットツルヤへと向かいました。

 ずっと行ってみたかったスーパーマーケット。

何があるのかしら・・・

テレビ番組で、人気沸騰売り切れと云われていた「リンゴバター」がありました。

 買いましたわ~

 軽井沢最後の訪問地は、大好きなハルニレテラス!

星野温泉、「星のや」があるエリアに出来た、ハルニレの木が100本植わっているエリア。

北欧の雑貨を扱うNATURやレストランなどが、川沿いに立ち並んでいて

ゆっくり寛げるお洒落な場所です。

 

 

これは春に撮った写真です

 

食べちゃいたいほど可愛らしいお子さんがいました。

 

川へと降りられます。

 

川上庵で天ぷら蕎麦を戴いて帰途につきました。

 

おまけ  茶々丸、軽井沢へ出張中か・・・?



 

ホテルの部屋に地元の新聞が入っておりましたが、地元紙って面白いですね。

一般の方のお悔み欄、故人の勤務されていたところや、喪主の方のお仕事まで

書いてあったりするのは、そういうふうに頼んで載せてもらうのでしょうか?

流石は長野県。掲載されているのは、ご長寿の方が多かったです。

そして、新聞の求人欄、郵便局の募集。

りんごゆうパックの仕分けとあったのが、これまた流石は長野県と思ったのでした。

 

おしまい