30 Nov. 2012

「国営武蔵丘陵森林公園

by Yoko

紅葉のカエデを見に出かけました。

武蔵丘陵森林公園は、埼玉県の西部にあります。

詳しくはHPを探してご覧ください。

兎に角広大な自然そのままの公園です。

駐車料金が一日 600円。国営公園なのに高くないかい?

駐車場そばの空き地を駐車場に、っで呼び込みしておられましたが、そこは200円。

ふつうはそういうところのほうが高かったりしますが良心的ですわね。

そこのほうがお安いと知らずに、公園の駐車場に停めてしまいましたわ。

11月25日に行きました。

可愛らしい森の子が座っています。向かって左後ろの木には、イルミネーションの電球がまかれています。

近くの中学生たちが作った「お菓子の家」 素敵ですね!

こんな小さなシクラメンなのでしょうか?

このような案内が

日が暮れて明りがつくと綺麗でしょうね。

ここからお目当てのカエデ園です。

カエデ見本園の説明

このカエデ園には野生の種類22、園芸品種約50、植栽本数約500本のカエデが。

近くにある私立大妻嵐山中学、高校の美術部の生徒さん作成の行燈が並んでいます。

夜になって明りが灯されると美しいでしょうね。

陽射しがあまりなくて、ぱっとしない写真ですが、ずずっといきま〜す!





















ライトアップ用のライトがそこかしこに設置されています。


めぐすりの木です。 目に優しい紅葉の色という説明がありましたが、ほんとうにほんのり優しい色合いでした。

カエデを堪能し戻ります。公園中央口近くのカエデ見本園から、私たちが車を停めた南口駐車場まで約1時間。

ぶらぶら歩いて行きます。

松の木がありました。何か札が下がっている。気付いて近づいてみると・・・

鋲のようなものが刺さっていて、そこから薬が注入されているのでしょう。

ディスクゴルフ。ディスクって何? カワラケ? ここは神護寺か!

ディスクとはフリスビーのことらしいです。

途中、松の木が多く植えられているところへ出ました。

またまたあの札が付けられています。

「観察力鋭いようこちゃん。あの札によく気が付いたわぁ〜」と自画自賛しておりましたらパパが

「僕のほうが先に気付いて何だろう?と云ったんだよね」と。

そうだったかしら? そんな昔のことは忘れたさっ。

翌日もこういうことがありまして、やたら人の手柄を持っていく奴、のように思われております。

アスファルトの道を逸れて、吊り橋へ向かいます

枯葉よ〜 mitikoさんのお好きそうな道が続きます

吊り橋を渡るとこのような光景が・・・

ここを降りると

ぽんぽこ広場に出ました。日本一大きなトランポリンで子供たちが元気に跳ねています!!

このような立札が。 よく読むように!

この道なのでしょうか・・・

南口に戻ると、中高年のグループが一組。今から紅葉を見に? 16:30頃です。

この期間は「紅葉見ナイト」と称して、ライトアップされた公園内、カエデ園を楽しむ催しがあります。

ライトアップされた園内、さぞ美しいことでしょうが、防寒の用意なく来ておりますし、紅葉見ナイトは

来年のお楽しみということに致しましょう。

園内にはドッグランもあるので、ワンちゃん連れの方も多く見受けられました。

バギーに乗った小さなお子さんも多く、また車椅子に乗っておられる方もお見かけしましたが、丘陵地ですから

車椅子を押しておられる方々のたいへんさが忍ばれました。

東松山ICから関越自動車道を走って帰るのですが、関越は休日の夕方ともなると、いつも渋滞しています。

案の定、高坂先頭に渋滞の案内がありました。

「高坂は通らないからよかったわ」と二人でほっとしていると目に飛び込んできたのが「高坂SA」!!

東松山の次が高坂!(東京へ向かって)だったのですよ。 はははっ

思ったほどでない渋滞を抜けて無事、じんろくたちの待つ家へと帰り着きました。