30 Oct. 2013

Amtrak in east coast

repo by Woodman (下川次郎)

ボストン始発ニューヨーク経由ワシントン行きのアムトラックの乗車した
ボストン都心サウスステーション駅ビル
 
重厚な車内、ビジネスクラスでWi Fi が完備されているが、接続が良くなく
時々再接続が必要、ボストンからニューヨークのペンステーションまで3時間30分
月曜日9時15分発は満席、隣席のビジネスマンはボストン在住で日帰り出張、
”永遠のゼロ”を読んでいたので日本人と判ったのか話しかけて来て、15年前日本に
家族と駐在、息子は日本生まれで今でも日本に帰りたいと言っているそうで
日本の文化、日本人を尊敬している雰囲気がありあり、短い時間でも
歓談出来、学生時代に戻った緊張を体験。


マイレージで無賃乗車、価値がありました。

 
車窓からのランニングシュートで数多く撮った写真がピンボケ、これはまだましな一枚
 

ニューヨーク到着はペンステーション、プロレスで有名?なマディソンスクエアーガーデン隣接した
駅でグレンミラー物語のペンシルバニア65000? の舞台になった古い駅
ここでLIRR (Long Isaland Rail Road ) に乗り換え我が家に近いマンハセット駅まで役40分
案内の掲示板、出発時間と行き先が記載され、乗車するトラック番号(番線)は出発
直前まで判らず、ひたすら待つのみ、旅慣れているか、英語が判らないと乗り損なう恐れあり。
外国人に便利な案内がある東京、京都あたりとは比較出来ない不便さ。
 

社内は古く、進行方向に向かって座る席と逆向きの席が渾然。日本人、アジア人は
進行方向逆に座るのは苦手のようで、中国人が電車動き出したら逆向きに座ったのが判り
慌て席を変っていました。


そういえば競走馬も同じで日本からの馬は進行方向に向かって乗せないと暴れると
厩舎関係者が注文を入れます。 馬同士対面したほうが静かなのですがねー。

 
 
長文になりました宜しくお願いします。 31日から1週間馬のセリでケンタッキーに巡業です。