10 Sep. 2013

今年も南国ゴルフ旅なのだ   さすさら


台風17号で、お昼頃は大雨、強風だ。
 

栃木では竜巻だ。
 

9月4日 21時、なんとか台風は消えてなくなって・・・
   MKタクシーで関空へ。
 

関空で。
 

なんと、1バーツが・・・ 昨年は2.6円だったのに。
 

 

二人席で、隣は空席。楽チンだ。これは初めての経験だ。
 

「私を愛したスパイ」を途中までしか見れなかったのだ。
 

朝3時45分(現地時間)に到着。
 

やっぱり、そうか。とりあえず、1万円=3028バーツで交換。
 

羽田組が着く6時30分まで2時間半を1人で待つのだ。
 

やっと合流。
 

今回は5人だ。
 

さっそく「GREEN VALLEY CC」へ直行だ。ハードなのだ。
 

朝食。
 

スタート。
 

暑いので、すぐにビールだ。
 

今回の出場選手だ。
 

これはバンカーレーキ。
   バンコクではこうやってキャディさんが持って歩くのだ。
   日本ではバンカーに置いてあるのだが。
 

私のキャディ。
 

汗ダラダラで、18ホール終了。
   睡眠不足でスコアは・・・ なんとか、18ホール回ったのだ。
   昼食時にSINGHA(タイのビールメーカー)ガールと。
 

 

 

クラブハウス。
 

この車にお世話になるのだ。
 

ホテル到着。
 

出掛けるのだ。
 

ここです。
 

15分ほど待って。
 

バンコクで最高の人気の店だそうな。
 

2時間たっぷりと揉まれたのだ。
 

それで夕食はタニヤ通りにあるここ。
 

北京ダック。
 

 

伊勢えびのしゃぶしゃぶ。
   もちろん、刺身でも。
 

こうやって食べるのだ。
 

これは珍品。伊勢えびの血をスプライトで割ったもの。
 

酒池肉林。
 

地元のオーナーの息子。
 

 

食事の後は夜店の見学だ。これが楽しいのだ。
 

 

今回も買ってしまうのだ。
 

この女性からしか買わないのだ。
 

これをGET。
 

いくらだと思いますか?
   結構高いのだ。
 

2日目はここ。「PANYA INDRA GC」。名門だ。
 

料金表。キャディフィーは現金。このほかにチップを300B最後に渡す。
 

スタートだ。 今日は二人で勝負だ。
   3人はアユタヤへ行ったのだ。
 

フランスのラガーシャツだ。
 

 

ここはA・B・Cの三つの9ホールがあるのだ。
   Aコースを回り、Cを回るのだ。
 

クラブハウス。
 

やっと6番だ。今日はカートに乗らず、歩くのだ。
 

 

半径50cmの円の中に入ったらOKなのだ。
 

このコースは池ばっかりで、スコアは今ひとつ。
   蒸し暑い中、歩き通したのだ。最後の2ホールは倒れそうだった。
   よく頑張ったのだ。
 

二日目はここ。
 

 

ここは「CHANG GARL」がいるのだ。
   タイではビールは1番がSINGHA、2番がCHANGだ。
 

 

 

バンコク名物 「ブーバッポンカリー」だ。
 

 

トムヤンクン。今までで最高の味。
 

このお姉ーさんは飲ませ上手なのだ。
 

 

ここです。
 

よく流行っているのだ。
 

食事の後は・・・
 

今回の部屋はスイートだ。
 

2部屋あるのだ。
 

ここです。メリディアンホテルの隣の小さなホテル。
 

第3ラウンドだ。KIARTI THANEE CC。
 

クラブハウスをバックに。
 

 

南国のゴルフは楽しいのだ。
 

こんな感じで5台で回るのだ。
 

パンダ?
 

気持ちのいいゴルフ場。
 

18ホール終えて昼食。
   3日間でボールを12個池にポチャンで無くしたのだ。
 

ゴルフを終えて、マッサージに行く4人とは別に、
   1人でウイークエンドマーケットへ。
  

これをゲット。そうです。ハンモック。
 

BTSが値上がりしているのだ。
 

以前は丸い数字だったと思うのだが、今は端数が付くし、
   5割くらい上がっている感じ。
 

昨夜と同じ店。羽田組は便の都合で先に帰り、どういうか訳か
   札幌のすすき野のお姉ーちゃんたちと。
 

 
 

 

二日連続でこのお姉ーちゃんは大喜び。
 

お世話になった親子です。
 

彼は3年間岩手大学に留学していたのだ。
 

7つの会社を持っていて、1000人ほどの社員がいるそうだ。
 

「座わんなブーム」空港で。帰りも1人だ。
 

お土産はこれ。
 

これもあるぞ。
 

ジャンボで関空到着。雨だ。
 

帰りもこれで。
 

反省会で、今度からは3連荘はやめよう、となったのだ。
特に2日目の歩きがきつかった。
 
それにもう、休日を絡めなくてもいいのだ。
平日に行けば安いのだ。
 
もう若くはないのだ。無理はしないで、のんびりと行くのだ。
でも、南国はやっぱり楽しいのだ。
 
以上