26 Mar. 2015

東京あたり   さすさら


久しぶりでの登場だ。
   東京浜松町の小便小僧は、相変わらず元気なのだ。
 

先週の金曜日、お世話になった会社なのだ。
 

後輩で今は、えらいさんと。
 

後輩への研修を頼まれたのだ。
 

昔取った杵柄なのだ。
 

4時間の研修を終えて、ご苦労さん会なのだ。
 

健康にやさしいのだ。
 

 

モツ鍋だ。痛風になるなぁ!
 

浜松町の飲み屋さんだったのだ。
 

泊まりだ。小太郎が待っているのだ。
 

足湯は気持ちがいいのだ。
 

「コタロウ」の名前が入った服を着ているのだ。
 

翌朝の土曜日、散歩だ。
 

フレンチブルドッグの友達と会ったのだ。
 

忠臣蔵の泉岳寺なのだ。
 

そんで、やって来たのは。
 

こんな風景が見えるのは。
 

ここを歩いて。
 

すごい人出なのだ。
 

ここなのだ。40年ぶり、人生二回目なのだ。
 

 

 

突然、登場なのだ。
 

そう、子ども歌舞伎の顔見世のハプニングなのだ。
 

仲見世を歩くのだ。
 

この二人は学生時代の友人なのだ。
 

東京見物はここ浅草にしたのだ。
 

これで無病息災なのだ。
 

いつもの仲間なのだ。
 

土曜日の快晴で、すごい人出なのだ。
 

 

ワクワクするのだ。
 

 パフォーマンスをしているのだ。
 

 

 

乾杯!
 

これを食べるのだ。
 

 

ここなのだ。
 

ここも満員だ。
 

ここも。
 

これを食べようと来たのだが・・・
 

50分待ちだとさ。
 

そんじゃ、ここだ。できたが、ここもいっぱい。
 

ブラブラとしていたら。
 

時代屋のお兄ちゃんと。
 

今日はB級グルメだ。
 

土日しか開けない頑固おばさんの店。
   席が開いていても、気分で客を断るのだ。
   私らが出たら、閉店の看板を出したのだ。
 

浅草の締めはここだ。
 

 

明治13年創業の老舗のバーなのだ。
 

これが有名な「電気ブラン」なのだ。
   ブランデー、ジン、ワイン、薬草などを混ぜたもの。
   配合などは企業秘密なのだ。
 

左の空が270円の通常の電気ブラン。アルコール度数30度。
   右がオールド電気ブラン。370円。40度。
 

飲みやすいので、ガバガバ飲むと酔っ払ってしまうのだ。
 

いい気持ちで浅草をおさらばなのだ。
 

お土産を買って。
 

無理やりにJRのお姉さんを引き込んで。
 

サヨナラなのだ。
 

ほんで、月曜日。今度は大阪でやるのだ。
 

後輩に頑張って、株価を上げるように発破をかけるのだ。
 

大阪の支店長と。
 

痛風に注意なのだ。
 

名物の鯛めしなのだ。
 

淀屋橋なのだ。
 

そんで、昨日火曜日なのだ。
 

三宮の午後3時なのだ。
 

 

ここです。
 

ママ。昼から飲んでカラオケは初めての経験なのだ。
 

ここはいい店なのだ。癖になりそうなのだ。
 

順番が逆なのだ。それから食事なのだ。
 

寒いのでやっぱり、鍋なのだ。
 

三宮で14時から、20時まで。お疲れさんでした。
 

以上