06 July 2015

爽筑会 摂河泉あたり   さすさら


我が家は竹を植えているのだが、何と軒先まで届いてしまったのだ。
   このさき、どうするか、思案中。
   奥に見える三角屋根は落語の文珍さんの家。
 

ランタナに見送られて、小雨模様のなか爽筑会に出かけるのだ。
 

コース案内。
   摂津・河内・泉州で摂河泉だ。
   最後は全国の「変なモノ好き」にも知られる、日本の珍スポット百景のひとつがあるのだ。
 

地図で確認するのだ。
 

河内平野の変遷と古代道路だ。
   昔は河内湖だったのだ。爽筑会は単なる遊びの会ではないのだ。
 

万葉集の勉強もするのだ。レベルが高いなぁー!
 

「妹に逢わず あらばすべなみ 岩根踏む
   生駒の山を 越えてぞ我が来る」
   幹事の岸本さんが資料を用意してくれるのだ。感謝、感謝。
  

説明中。
 

三匹のオッサン。一匹欠けているのだ。
 

枚岡神社。
 

 

650年に出来たのだ。
 

茅の輪だ。
 

このとおりにくぐるのだ。
 

水無月の夏越しの祓いする人は 千年の命のぶといふなり。
 

階段を登って。
 

お参りだ。
 

今回は12名なのだ。まだ雨はもっているのだが。
 

そろそろ降り出したのだ。
 

お参りした後、奈良街道を歩くのだ。
 

「菊の香に くらがり登る 節句かな」
 

芭蕉の最後の旅だったのだ。
 

なんと、この道は?
 

これが国道なのだ。
 

降ったり止んだり、なのだ。
 

展望できないのだ。
 

おっさんたちは元気なのだ。
 

手打庵の隣は59年卒の女性。
   なんと、自宅が3軒隣だったのだ。今回初めて知ったのだ。
   何回も一緒に参加しているのに、大いに受けたのだ。
 

高級デジカメでは展望できるのだ。
 

最初の目的地、あじさい園に向かうのだ。
 

 

結構、しんどいのだ。
 

休憩で一服。
 

到着だ。雨でテントは満員なのだ。
 

案内所兼売店だ。
 

正式にはこれ。
 

あじさいに雨は似合うのだ。
 

 

なるほど。
 

 

やっとテントの下で食事なのだ。ビールがうまいのだ。
 

 

これは。
 

よく読むように。
 

 

 

 

あじさいを満喫して。
 

散策だ。
 

 

ハイキングコースを歩くのだ。これで「ずしだに」とは読めんなぁー!
 

傘を差したり、畳んだり。
 

どんどん歩くのだ。
 

 

 

ボケたのだ。
 

まだまだ、元気なのだ。
 

そろそろあじさいともお別れなのだ。
 

りんどう。
 

 

水車小屋を見っけ。
 

大きいのだ。
 

ここで休憩。
 

最終目的地なのだ。
 

石切さんだ。
 

なんと占いの店が11軒も並んでいるのだ。
 

参道を歩くのだ。
 

日本で3番目に大きい大仏なのだ。
 

あぶない建物なのだ。
 

日本の珍スポット百景のひとつなのだ。
 

 

 

 

 

面白いところだなぁー!
 

 

石切名物だそうな。
 

こんなのもあるぞ。
 

いしきりつるぎや、と読む。
   立派な神社なのだ。正月は大賑わいなのだ。
 

 

解散して、梅田へ。
 

 

打ち上げだ。
 

これも食べたのだ。
 

梅田ルクア10階のここ。
 

これもあるのだ。
 

ホントはここに来たかったのだが、行列で止め。
 

3人でもう1軒だ。
 

梅田のガード下のバー。
 

お疲れ。
   あ、忘れていた。リンダさんからのロシア土産の披露を。
   ありがとう!
 

以上