03 May 2015

奈良登美ヶ丘あたり  さすさら


絶好の行楽日和。
   ゴールデンウイークの2日土曜日10時半に、近鉄の学研奈良登美ヶ丘駅。
   少し遅れて、はなパパ、はなママも集合なのだ。
 

早速、これなのだ。
 

赤い手袋が目立つのだ。筍が分かるかな。
 

あるわ、あるわ。
 

 

30分ほどで山ほど取り過ぎたのだ。
 

手打庵の持ち山みたいな所なのだ。
 

この竹に酒を入れて燗をつけるのだ。カッポ酒ですね。
 

アインシュタインなのだ。
 

そう、下のタイルで描いたのが写っているのだ。
 

ここなのだ。京阪奈学園都市なのだ。
 

筍掘りで汗を流して、ここで学問に触れるのだ。
 

ダーウイン。
   

誰か忘れた。
 

アリストテレス。
 

これは野口英世なのだ。
 

これは分かりますね。林檎と言えば重力を見つけた人ですね。
 

これがすごいのだ。手打庵が回すと、水が汲み上がるのだ。
   こうやって、4匹のおっさんが遊ぶのだ。
 

アインシュタインにサヨナラするのだ。
 

躑躅が鮮やかなのだ。
 

延々と続くのだ。
 

手打庵宅に到着。
 

只今なのだ。
 

4人で協力して、皮を剥くのだ。
 

うまいものなのだ。
 

てんちゃん自作のしめ鯖が待っていたのだ。
 

筍、蕗・・・
 

やっと飲める、喉が渇いていたのだ。乾杯!
 

沖縄特産なのだ。海葡萄。これがビールに合うのだ。
 

肉味噌。
 

手打庵が鹿児島で買ってきた芋焼酎。今年の一押しなのだ。
 

手製のサバ寿司。美味しかったのだ。
 

部屋は相変わらずの花でいっぱいなのだ。
 

 

テーブルの上。
 

まだ、始まったばかり。
 

さくらちゃんも歓迎なのだ。
 

得意のテキサスダラスハットの披露なのだ。
 

2人にはお世話になったのだ。
 

バーベキューの準備だ。
 

自慢のシクラメン。
 

 

白いモッコウ薔薇。
 

さあ焼くのだ。
 

サザエに鮎、ホタテもあるのだ。
 

 

よだれが出るのだ。
 

 

 

筍を包んでいるのだ。
 

 

さくらも楽しんでいるのだ。
 

宴たけなわなのだ。
 

食べ過ぎ、飲み過ぎで休憩中。
 

 

ノースポールと勿忘草。
 

都忘れ。
 

クリスマスローズ。
 

同ダブル。
 

マウンドペチュニア。
 

マーガレット。
 

大手鞠。以上違っているかもしれんのでゴメン。
 

休んでいるのだ。
 

片付け中。
 

これもあるのだ。
 

落ち着いたところで、これを食べるのだ。
 

これもだ。
 

そろそろ暗くなってきたぞ。
 

お疲れ様。
 

記念撮影なのだ。
 

玄関で。
 

名残惜しいが・・・
 

サヨナラだけが人生だ。
   ホントにお世話になったのだ。
   10時半から19時半までの9時間楽しかったのだ。
   ありがとう!
 

楽しい次の遊びも、直ぐに決まったのだ。
 
以上