17 Jan. 2014

「そうだ、京都に行こう」 後編 

by さすさら

と、いう事で彼女たちと別れてから、とりあえず休憩だ。
 
ホテルで連泊なので、部屋で一服。
 
夕食はとんでもないところに行くのだ。
   上七軒のお茶屋さんの中にある飲み屋さん兼洋食屋さん。
 

なかなかの雰囲気なのだ。完全なバーですね。
 

絶品のスープ。
 

壁に貼ってあるのは・・・ やっぱり上七軒だ。
 

ママさんと。
 

4500円のビーフカツサンド。
 

これがうまいのだ。
 

ドリア。
 

若い子は福岡の田主丸出身で立命の学生さんだ。
 

どこに行ってもカラオケだ。
 

たかじんに敬意を表して。
 

損保屋さんは横文字だ。
 

そんで翌朝。朝食はここ。
   ブライトンホテルだ。
 

豆腐です。
 

小豆粥定食だ。上品なのだ。
 

さあ、戦闘開始だ。
 

腕ごなしにレンタカーのプリウスで八坂の狭い道を疾走するのだ。
   横に乗っていて、どきっとすること、たびたび。
 

9時にリンダさんが予約してくれていたここへ。
   時間厳守なのだ。
 

あそこが受付だ。塀が6段重ねなのが分かりますかね?
 

 
 

のっけから圧倒されるのだ。
 

この4枚をよく読んでから写真を見るように。
 

 

コメントはカット。
 

 

 

 

畳のヘリが赤いのだ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルバイトか、と聞いたら、「宮内庁の職員です」、キリッ!
 

彼女に撮ってもらった貴重な写真だ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがあるので「御池通り」。(二条と三条通の間、神泉苑の池に通じる通りの場合が一般的な御池通り)
 

 

 

 

 

3人とも圧倒されるのだ。この素晴らしさに。
   ソウルの宮殿と比べると・・・
   日本っていいなぁー!
 

 

 

1時間ほどの見学を終えて。
 

こんな感じですね。
   見学したのは、御所の北半分。
   機会を見つけて、皆さんもぜひどうぞ。
 

次はここ。
 

ここで、デューク・エイセスの ♪女ひとり♪ が流れるのだ。
   ・大原三千院
   ・栂ノ尾高山寺
   ・嵐山大覚寺     の三つですね、歌われているのは。
 
   今回のテーマなのだ。この三つに行くのが。
 

よく読むように。
 

世界遺産なのだ。
 

 
882
 

これがそうです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがあるのだ。
 

 

ここがカタログにのっけてある場所だ。
 

 

高山時を降りて、途中にあるのが細木何とかいう占いやさんのお家。
 

デューク・エイセスシリーズの最後はここ。
 

御所だったんだ。素晴らしいぞ、ここは。
 

 

 

 

 

右近の橘。分かりますね。天皇から見てどちらか。
 

左近の梅。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼はここ。大覚寺の横だ。
 

 

お土産を買うのだ。
 

「したたり」だ。
 

宮内庁ご用達。
 

ここの
 

これも美味しいのだ。
 

京都最後の観光はここだ。
 

 

く読むように。
 

そうです。東寺ですね。
 

残念ながら、ここで私のデジカメが故障。動かないのだ。
10年使ったのだが・・・
 
写真128枚。
今回は素晴らしい日本に触れて圧倒されてしまったのだ。
 
 
写真がないので、リンダさんにこの後は頼むのだ。
 
よろしく。
 
な、なんと、この後、神戸まで行ってしまうのだ。
 
楽しい2泊3日の旅は終わってしまった。
 
 
 
ところがどっこい。
 
さんざんご馳走を食べ、美味しいお酒を飲んだ後に待っていたのは、
なんと恐ろしい通風だ。
 
思えば、岡山での1ヶ月間に及ぶ送別会の連続。
その後の苦しいけれども楽しかった尾瀬高原の旅
その時以来なのだ。
右足の外側のくるぶしが腫れていて、触ると痛いのだ。
風が吹くだけで痛い、とまではいかないのだが。
やれやれ。
 
 
以上お仕舞い。