08 May 2014

吉野奈良あたり その2 後編  by さすさら


どんどん行くのだ。



コーヒータイムだ。これが楽しみなのだ。

ところが、ところが。
出発の準備の時に気が付いたのだ。

コーヒーカップを忘れてきたのだ。
どうしようかで、結果、旅館の湯飲みで代用だ。


 


どんどん行くのだ。




この写真はバスの運ちゃんに撮ってもらった。
そうです。ここまで勝手神社からマイクロバスが来るのだ。




熊野本宮大社まで行くのだ。


なるほど。



ここに義経がいたのだ。


逆方向から。



山上ケ岳までの距離が出ていないのだ。

   出すとびっくりするからなのか?





奥の千本だ。


よく読むように。



このカップルに撮ってもらったのだ。お返しだ。


ここで昼食だ。旅館で作ってもらったお弁当。


食後の一服なのだ。




芭蕉だ。





本当に山上ケ岳まで行くのか心配なのだ。


女人結界だ。

 

ここまでは来たのだ。その証拠。
 

 

 

 

 

残念ながら、時間切れで、本日の山歩きはここまで。
   やれやれ、ホッとするのだ。
 

 

 

ここで一服。
 

 

赤は躑躅、紫は藤、黄色は山吹、白は小手鞠に雪柳。
 

 

吉野に来たら、これを食べるのだ。
 

 

 

 

 

吉野に似合うのだ。
 

 

くずきり。黒蜜に生姜入りで食べるのだ。
 

葛餅。
 

 

お友達になったのだ。
 

この店のお母さん。
 

赤花万作。
 

いったん旅館に荷物を置いて。
 

ここへ。
 

 

 

よく読むように。
 

 

 

 

 

 

楠正成なのだ。
 

温泉に行くのだ。、探してきたのだが・・・
 

残念ながら、本日は貸切で入れず。ありゃー!
 

帰って旅館の風呂に入る前に竹林院群芳園を散策だ。
   角の部屋が天皇陛下がお泊まりになった部屋。
 

 

 

 

なかなか立派な庭園なのだ。
 

旅館の人に頼んで撮ってもらったのだ。
 

 

 

温泉に入れなかったので、ここの風呂に一番乗りだ。
 

夕食は鴨鍋だ。
 

 

 

おっと。
 

編集長も飲むのだ。
 

痛風の人は持ち込んだ焼酎だ。
 

東京で地震があったのだ。
   何とか無事に二日目も終わり、やれやれなのだ。

今日はあちこちと歩き、忙しかったのだ。 
 
明日は雨らしいのだが・・・
 
あら、尊や。
老いの清しさ。


1日目  87枚

2日目  163枚 ちょっと多いのだ。 


三日目に続くのだ。