27 May 2014

琵琶湖あたり  その1  さすさら


土日と琵琶湖辺りに行ってきたのだ。
   そんで、今回はこの切符を買ったのだ。左側3枚が行きでJR六甲道から大津まで。
   普通に買うと、1320円が820円なのだ。
   右側3枚が帰りの切符で、彦根から六甲道までだ。こちらは2270円が1730円。
   金券ショップで買ったのであるが、なんと、往復で1040円も安いのだ。
   ただし、これは昼特というもので、10時から17時専用、ところが土日は何時でもOKなのだ。
   これを利用しない手はないのだ。
 

買ったのはここ。
 

駅前にはこれもある。これも一緒。ようは回数券をバラで売っているのだ。
 

土曜日の昼過ぎにここへ到着。
 

これには乗らず、歩くのだ。
 

10分ほどだ。
 

ホテルに荷物を預けて。
   指差すほうには琵琶湖でウインドサーフィン。
   今日はいい天気なのだ。
 

5分ほど歩いたらこの駅だ。
 

派手な電車に乗って。
 

小さな駅だ。
 

友人とやって来たのは。
 

ここ。
 

奈良、京都に続いてはここまでやってきたのだ。
 

 

三井寺、正式には園城寺なのだ。
 

ここも大きいのだ。
 

そうなのだ。
 

500円なのだ。
 

 

 

  

よく読むように。
 

 

これは。
 

これなのだ。
 

これは。
 

これだ。
 

これは。
 

これ。
 

 

 

これだ。
 

これも披露しておくのだ。
 

 

新緑がすがすがしいのだ。
 

 

これだ。
 

本堂だ。
 

 

見晴らしがよく、琵琶湖が一望だ。
 

ゆっくり歩くのだ。
 

 

 

 

よく読むように。
 

 

帰りの電車は派手なのだ。
 

ぶらぶらと歩くのだ。
 

ホテルに戻るとボツボツ集まっているのだ。
 

部屋に入って。
 

食事前に部屋で乾杯だ。40年ぶりに会うヤツもいるのだ。
 


全国から集合なのだ。学生時代の仲間なのだ。

 

 
 

 

近況報告から始まったのだ。
 

料理はそっちのけで大騒ぎだ。
 

二次会は部屋でやるのだ。
 

夜は終わらないのだ。
 

部屋からの夜景なのだ。
 

朝だ。
 

 

朝食だ。
 

食後の散歩だ。
 

 

うーむ!
 

北緯35度線上なのだ。
 

 

やってきたのは。
 

自転車で回るのだ。
 

 

 

よく読むように。
 

ここへやってきたのだ。
 

 

 

 

 

歩きにくい階段が405段あるのだ。
 

続く・・・