07 Sep. 2014

「大阪は鶴橋あたり」

by さすさら


突然だが、これは鶴橋には関係がないのだ。私が挿し木をした薔薇の一輪挿しだ。
   パソコンの前に置いているのを写したのだ。
 

ここは手打庵がLINEで言っていた美味しいお好み焼屋。たまたま通りかかって
   見つけたのだ。
 

4日木曜の午後3時。JR環状線鶴橋駅で待ち合わせなのだ。
 

 

リンダママから依頼の唐辛子入りのチョコレートを探すのだが・・・
 

 

ここは有名な鶴橋中央商店会「昆布問屋 (株)吾妻屋」なのだ。
 

はなママ、はなパパ家御用達の塩昆布なのだ。ここのは最高だそうだ。
 

ここに来れない遠方の方は電話をするのだ。
 

手打庵家では当然これなのだ。
 

店の説明をじっくりと聞くてんちゃんなのだ。
 

迷っていたが、やっぱりいいものを買うのだ。
 

日高に羅臼なのだ。
 

今度の蕎麦会も美味しいのができるのだ。ぜひ来るのだ!
 

キムチはここ!
 

ここでも説明をしっかりと聞くのだ。
 

鶴橋はいいところなのだ。
 

おっと、てんちゃんの店だ。
 

発端は手打庵が友人から質問されたのだ。
   「焼肉は鶴橋とのことだが、たくさんある焼肉屋でどこが一番なのだ?」
 
   
この質問にはいい加減な答えをしてはいけないのだ。正確を期すためには
   LINEで聞くのが一番なのだ。
   そんで、リンダさんと私の答えが一致。それがここなのだ。
 

しかし、友人に教えるのにはやっぱり自分で食べておかないと・・・
   で、今回集合したのが、この6人なのだ。
   このセットを中心に注文だ。どんどん食べるのだ。
 

店の店長に頼んだら、ぶれているのだ。まぁ、いいか。
 

 

 

 

 

3時からなので、お腹を空かして来たのだが、この人は昼にカツどんを食べてきたのだ。
   信じられん人なのだ、リンダさんは。
 

話が弾むのだ。ビールも浴びるほど飲んだのだ。
 

「えぇー!そんなことがあるなんて・・・」 いろいろと出たぞ、噂話が。
   そう、あなたのことですよ!
 

ごちそうさん。まだ、あかるいのだ。
   この後、皆はカラオケに行くのだが、私だけは残念ながら別行動なのだ。
   カラオケの写真をもっている人は出すように! 見たいのだ。
   

皆と別れて、ここは肥後橋のとある料理屋さん。
   以前の会社の送別会なのだ。右手前の後輩が札幌に転勤なのだ。
   サラリーマンは相変わらずなのだなぁ!
 

肉は見るのも嫌なのだ。通風を気にしながら、美味しく飲むだけ飲んで、
   大先輩として、転勤の心得を後輩に諭してやったのだ。
 
 

ほんで、翌日金曜は有馬富士CC。
   午前中は雨だ。遠くでゴロゴロと雷が鳴るのを聞きながらのゴルフ。
   やっと雨が止んでの9番ホールのティーショット。
   ナイスショット?
   腰の手ぬぐいはかっこ悪いが雨に濡れたのを拭くのだ。
 

14年間続いているのだ、このメンバーでの月例会。
   成績発表なのだ。左から、91、83、86、89。レベルはまあまあなのだ。
 

その夜。連荘で飲み会だ。
 

私の隣が岡山の時の取引先。合いに来てくれたのだ。
 

エレベーターが16台ある住友ビルの12階なのだ。
   やれやれ、激動の二日間だったのだ。
   痛風が気になるのだ。
 

以上