23 Sep. 2014

「南比良あたり」  さすさら


リンダさんと京都駅で待ち合わせ。
 

きょうはこれだ。爽筑会なのだ。一番上の見出しに注意だ。
   そうなのだ。山登りスペシャル なのだ。その上、なんと「健脚向き」までついているのだ。
   左のツムラの薬が良いそうだ。リンダさんお薦め。足の痙攣、こむら返りにすぐ効く特効薬なのだ。
 

9時15分集合なのだ。今回は近畿修猷会の爽筑会選りすぐりの5人なのだ。
   

タクシーで登山口まで。
   タクシーの運ちゃんから「かなりしんどいですよ、私も登りましたが」と脅されたのだ。
 

いよいよだ。9時50分。
 

オッと登山届けを出すのだ。
 

まずは権現山を目指すのだ。
 

順調に登るのだ。
 

 

ここら辺は大丈夫。
 

 

 

10時15分 最初の休憩だ。
 

 

この木に巻いてあるテープは何だ?
 

回転寿司の皿と同じで、色によって値段が違うのだ、いう人も。
 

これは披露しておくのだ。
 

琵琶湖だ。眺めに圧倒されるのだ。
 

 

11時15分、二度目の休憩だ。煙草がうまいのだ。
 

 

まだ、元気なところを見せておくのだ。
 

 

 

琵琶湖大橋なのだ。
 

 

この景色に惚れて、ここに通い続ける人が多いのだ、
   右に映っている爽筑会幹事の談。
 

11時40分 最初の山、権現山山頂だ。996m。
 

次はホッケ山を目指すのだ。そこで食事なのだ。
   幹事さんは厳しいのだ。まだ、食べさせないのだ。
 

リンダさんは「私は1000m以上の山は行かないのだ。しんどいのだ。」と言っていたのを、
   無理やり、誘い込んだのだ。
 

真ん中にトンボだ。
 

目指すはあの山だ。あそこで食事なのだ。奥に見えるのが蓬莱山。あれにも行くのだ。
   遥かかなたなのだ。気が遠くなるのだ。
 

景色をふり返りながらの山行きなのだ。
 

今日でカッコいい山男になったのだ。
 

 

もう少しで食事なのだ。
 

やれやれ到着だ。12時50分。
 

二つ目の山だ。ホッケ山1060m。
 

琵琶湖を眺めながら、待ちに待った昼食なのだ。
 

リンダさんはおむすび。
 

私は趣向を変えて、これだ。林檎がヒットだったのだ。
 

ここでもトンボだ。
 

食事を終えて、まだまだ登るのだ。
 

草木にも目を向けるのだ。
 

 

降りては登り、ややこしいのだ。
 

小女郎峠だ。ここから左へ10分ほど外れると、
 

小女郎ヶ池。13時16分。
 

池を見ているのは近畿修猷会の会長なのだ。
 

元の道に戻り、またまた登るのだ。
 

ようは琵琶湖の周りの山を歩き回っているのだ。
 

あの道を登るのだ。
 

ここいらでは、かなり疲れているのだ。13時40分。
 

この人は元気みたいなのだ。
 

急なのだ。
 

この道を歩いてきたのだ。
 

やや疲れ気味か?
 

 

最終目的地がもう少しなのだ。
 

よいよい会は頑張ったのだ。
 

三つ目を征服だ。1174m。
 

そう、ここはスキー場なのだ。
 

なんとまぁ、行き着く先は・・・
 

ビールの自動販売機もあるが、もう少し我慢するのだ。
 

もう少し、比良縦走路を歩くのだ。
 

恐ろしい遊びをしているのだ。
 

120mをぶらさがって、降りていくのだ。
 

終わりに近づいたのだ。
 

四つ目の山を征服だ。1104m。打見山はなんと琵琶湖バレイの真ん中なのだ。
   14時37分。
 

これで降りるのだ。
 

5時間かけて登って、5分で降りるのだ。
 

こっち側から登ると、観光地なのだ。
 

ここでビールで乾杯だ。うまいなぁー!
 

バスに乗って。
 

朝出発した和邇駅から湖西線で二つ先の駅なのだ。
 

 

電車で京都まで戻るのだ。
 

そんで、反省会なのだ。ここは京都駅ビル。
 

ここ。
 

目の前が京都タワー。リンダさんはよく知っているのだ。
 

ハーフ&ハーフの大で乾杯なのだ。
 

左が1つ上で会長。右が2つ下。THさんの旦那と同じ会社で、
   知っていて、話が弾んだのだ。
 

右が爽筑会幹事で一つ上。まあ、出るわ、出るわ、いろんな話が。
   盛り上がったのだ。
 

気がついたら、もうこんな時間だ。タワーがライトアップなのだ。
 

解散なのだ。お疲れ。
   無事全員脱落者なく、やれやれ。
   最後に幹事さんも今回は楽でした、とのコメントが。
 
   
ホントはリンダさんが第一候補だったのだが・・・
   これで、彼も健脚向けOKなのだ。
 
   今日は、1万8500歩。健康貯金がたまったのだ。
 
以上

おしまい。