16 Feb. 2011

2011南国旅情BANGKOK編 その2 「空港いろいろの巻」

by さすさら

ようは、出発と帰りの空港なのだ。
 

朝10時半ごろに福岡空港国際線の3Fで待ち合わせだ。
       パスポートだけは忘れるな!で岡山より到着。一番乗りだ。
       うれしいことだ。3人の予定が4人になったのだ。
 

眼科医は遅れての手配なので罰として高い飛行機代なのだ。
       「ROYAL SILK」というのだ。ビジネスクラスは。
       さすがタイですね。
 
3人はエコノミー。
5時間我慢なのだ。
 
4人組勢ぞろい。
免税店の化粧品屋のおねーちゃん撮影。
       ベストドレッサーは誰だ?
 
待合室でホームページ編集中。
 
福岡空港のエスカレーター。
 
福岡発11時40分 TG649便 
       SUVARNABHUMI(座んなぶーむ)空港到着 15時35分
       時差2時間なのだ。
 
眼科医の先生。
 
福岡の街が・・・
 
気持のよい青空だ。
 
バンコクの街だ。
 
バンコクの座んなブーム空港。
単一空港ビルの広さでは世界一だそーな。
 
楽しい旅行の始まりだ。
入国審査待ち。
 
小倉からの2人連れのおねーちゃんに
シャッターを押してもらった。
       4人勢ぞろい。
 
空港からのタクシー。
500バーツというのを400バーツに値切ったのだ。
       有料道路込みなので、値切ったらすぐに高速を降りて、タダの下道を
       走ったのであった。混んでないので許してやろう。
 
楽しい旅行は終わりに近づいてきた。
       帰りの便をチェックするWAGI。
       24時間運航。広いのだ。
       帰りは 深夜1時(日本時間3時)発の TG648便。
       福岡到着は日本時間の8時。
 
受付カウンターで。
 
 
VATで、免税を受けるのだ。
 
中で眼科医の先生が。
 
更に出国審査の後で戻し金受け取り。
 
空港内は広いのだ。
 
思い出話が沢山できたのだ。
 
 
飛行機の中は真夜中。
フラッシュで撮ったのだ。
 
到着前、先生がビジネスクラスより訪問。
 
夜明けだ。
 
雲海。
 
どこだか分りますね。
 
無事、福岡空港で解散。
       「人生、還暦を過ぎてからが楽しいのだ」、
       を確認した今回のタコ組4人ツアーでした。
 
すぐに その3 市内観光の巻に続くのだ。