1/5 2004掲載

久しぶりで、さすさらの 上海編そのU

 

友人と行って来ました。

テーマは@上海蟹と北京ダックA貯金Bマンション見学 の三つ。

 

宿泊は瑞金賓館。上海の中心にある広々としたガーデンのある別荘風の

ホテル。1920年代に建てられた。異なった建築スタイルの4棟の歴史ある

西洋式建物があり、泊まったのは旧三井物産館。

 2Fの左の部屋が私の部屋。

夜景の写真は難しい。

庭です。ライティングが凝っている。

部屋。60uはある。こんなにいるか!

バスルームも広い。この横にシャワールームもあるのだ。

               ここで質問。便器が二つあるが手前は

               何だ?私はお尻を洗うのに使ったが・・・

               

係りの小姐(シャオチェ)。バックの家具の古いこと!

 

食事:写真はたくさん撮ってきたぞ。ほんの少しだけ。

 

上海蟹だ。みそが美味い、とろけるようだ。

                 有名な「王宝和」は満員で、「円苑」というところ。

                 ホテルからタクシーで17元。そんなに遠くない。

                 「上海ウォーカー」という雑誌で見つけて、

                 住所を運ちゃんに見せればOK!

                 1元=12.7円。上海のタクシーは安心。

                 運転は荒いが・・ボル事はない。

 

こうやって席まで来て切ってくれる。丸ごと一匹だ。

               

メニュー。一匹168元が分かりますか?

               あまりの安さに感動でした。

               「全聚徳」 淮海中路 TEL:54037286

これをギョーザの皮の大きいのに白ネギの細切りと包んで

               特性のたれを付けて食べる。よだれが出てきた。

 

定番の火鍋 安くて美味い。これが大好きなのだ。

 

赤いのが超辛、白が普通。これに肉でも野菜でも何でも

                入れるのだ。赤で食べるとビールがいくらでもはいる。

 

豚の脳みそと耳。 TEL:64596380

 

すっぽん。

 

食べ物はまだまだあるがこれくらいにして、次は中国工商銀行だ。

 

外灘支店の中。圧倒される。

預金通帳です。パスポートを見せて作ります。

               一日一人100万円まで。札を一枚一枚ライトに

               かざしてチェックするので30分くらいかかりました。

               偽札が多いのです。

               これで元の切り上げの実施を待てばよいのです。

               こんなことを考える輩が急増していて、制限を

               始めたのです。円高も考えると今がいいかげんか。

               ちなみにキャッシュカードでの引出しは一回1500元で、

               一日2回まで。暗証番号は6桁。

 

今日はこれくらいで。

最後に帰る時に事件発生。

 

帰る日にホテルから空港までタクシーで。138元。100元と50元札でおつりを

もらって「再見」。搭乗手続きのカウンターで15分くらい並んでいたら、怪しい男が

紙幣を振りかざして話し掛けてくる。変なやつであるし、怖くもあるし何を言っているかも

分からず、きょとんとして見ていると思い出しました。さっきのタクシーの運転手だ。

 

周りの人も通訳してくれて、私の渡した50元札が偽物だったのである。

どっちだか分かるかな?

               現物をみても分からない。すかしが変なのだ。それに

               言われてみたら、手触りも違う。

 

しょうがないから、交換をして無事決着。手元には偽50元札が残ってしまった。