5/17 2002掲載

さすらいのサラリーマン 上海編 初回編


連休を利用して上海に3泊4日で行ってきました。
手打ち庵宅に行けなかったのが残念。

あちこちデジカメ持参で探検。
言葉がわからず、ちょっとやばそうな場面もあったが、
楽しい4日間だった。


まずはグルメの部

最初の夜は

「大富豪海鮮酒楼」

ここです。住所 黄河路。

地元の人ばかり。

ちょっとした中華料理屋さん。

こうやって、選んだのを料理してくれる。


伊勢海老のでっかいやつ。


上海蟹も食べました。


前菜です。

続けて

小海老
さっきの伊勢海老
貝。これは美味しかった。
白身の魚
上海蟹

青島ビールです


4人でたらふく食べて、ビールに老酒をいやというほど飲んで
979元(1元=15円)。ちょっと贅沢でした。
日本人は私達だけ。地元ではまずまずの高級レストランとのこと。
新鮮なのがなにより。食べるのを自分で選ぶのがなんともはや。
おすすめです。


朝はホテルのバイキング

泊まった所はここ。

上海賓館。まずまずでした。欧州の人が多かった。


2日目の昼

これが最高。五つ星。

「小肥羊 静安店」 静安区江宇路777 TEL:52891717

ここです。案内は地元の20歳の娘さん。

店内風景。田舎からここで食べるのを楽しみに来るそうな。


鍋の中が二つに仕切ってある。赤い方が辛い、辛いたっら・・・

白いのはちゃんこ風。どちらか一種類でもよい。
その方が安い。
地元の人は白いのが圧倒的に多かった。
中に浮いているのはにんにく。

ほかに

羊の肉
ゆばみたいな・・・
野菜
豆腐
魚のすり身の団子
本日のメーンは すっぽん
海老 ピンピンはねていました。


この娘の給料は9千円だそうです。月ですよ。


本当に美味しくて美味しくて、汗をたらたら流しながら、青島ビールを
飲みながら2時間ほど食べていました。
4人で食べきれず、だいぶ残してしまった。
締めて代金234元。日本円で3500円ほど。一人900円だ。


2日目の夜

「金裕餐斤」  双河路535号  TEL:52786832

 上海の電話番号は途中で区切らないのだ。

ここは上海駅の近くで、中心部からはかなりはずれにある。ホテルから
タクシーで30分は走った。ちなみにここはタクシーが安く、いつでも
つかまるので便利。基本料金10元。行き先を言うのが大変。
通じない。紙に書くのが一番。

この店は田舎町の近所の人が行く飯屋さん。昼間案内してくれた娘の
お母さんが働いている。ここの主人が言うには日本人を見たのは
生まれて初めてだそうな。

母娘です。最高のもてなしでした。

料理

トマトと 鶏
豚の舌と 餅入り棗
ピータン豆腐
とうもろこし ここでこれが出てくるとは・・・
野菜
ろーすー  日本では ばい貝ですね。
焼肉
ビールと老酒

まだまだ

野菜スープ
あさり
これでもかと 豚肉
やっと終わって 必ず 西瓜


今日もブタになりました。


5人でまたまた飲んで食べて大満足。お母さんのサービスも良く
会話も弾んで、気分さわやかな夜でした。
締めて、320元。よっしゃ!

残念なことに、店の外観と主人の写真を撮るのを忘れていました。


その2へ続く!