10 Jan. 2015

山の辺の道てくてく歩きレポート

by 手打ち庵

2015年、最初の「歩きレポート」は奈良の古道、山の辺の道南コースです。
肌寒い日でしたが、カイロをいっぱい張って、出かけました。

集合場所は近鉄天理駅。


近鉄駅の横にあるJR天理駅からスタート地点の柳本にJR線に乗ります。
しかし、この案内、どっちへ行ったらいいのか判りにくいのだ。


電車は単線


柳本に到着です


ここで、準備体操。年配者ばかりなので、ねん挫しないように準備運動をきちんとしておかねばいけないのだ。


歩き始めると、道路には、山の辺の道のタイルが埋め込んであります。これを目印に歩いていけばいい。


まず、目に入ってくるのが、黒塚古墳。三角縁神獣鏡が33面出土したところです。


直ぐに休憩所があるので、早くも休憩だ。




休憩所の前に咲く珍しい花木です。さーてなんという花でしょう?


答えは「マユミ」 万葉集にも出てくるらしい。


休憩所の中の展示物。


これが三角縁神獣鏡。もちろんレプリカですが。


ここから、いよいよ本格的な歩きが始まります。


しかし、長岳寺へは行かずに、崇神天皇陵を巡るルートに入ります。




此のあたりには、崇神天皇陵と並んで景行天皇陵があります。
しかし被葬者は誰かはっきりしないのが現在の定説とか。






宮内庁は一応崇神天皇陵としているが、正式は行燈山古墳というのだ。


次は景行天皇陵に行きます。 


正式名称は渋谷向山古墳。よーく読んでね。


これが、全景です。


その周りを巡ります。




ここからの眺め。 右側が耳成山、左側が畝傍山です。 




こういう道を歩いていきます。 風情があるのだ。


いたるところにこのような無人売店があります。 こういう商売が成り立つのは日本だけ? いつまでも残ってほしいものです。


二上山から葛城山がよく見えます。 大和の原風景です。


此のあたりは纏向。大和政権の誕生の地と言われています。 






この山は纏向山。


ここには、崇神天皇60年の創建といわれる大兵主神社があります。




その横は、相撲神社。ここが相撲発祥の地だそうです。


これが、本殿。なんとも小さい。 


野見宿祢像


こちらは可愛らしい相撲取りの像 


これは蝋梅。なんとも良い香りです。


此のあたりは「大和の青垣」と呼ばれるところです。 


ここから見る二上山です。 


そして、ここは桧原神社。




桧原神社は、元伊勢と言われ、伊勢神宮に天照大御神を祀る前は
この桧原神社に祀られていたといことです。皆さん、知っていましたか?


この桧原神社から真西に二上山があります。すなわちここの鳥居から、春分と
秋分の日には、二上山の鞍部に沈む夕日を見ることができるのです。 


ここからの道はよくテレビなどで紹介される山の辺の道です。






三輪山の麓にある大神神社に近づいて来ました。 


ここから、三輪山へ登ることができます。


ここが登山口。神聖な山ですから、しめ縄が張ってあります。


再び耳成山。どこから見ても綺麗な三角です。


ここは、三輪山平等寺。聖徳太子の創建とか 




可愛い二重の塔なのだ。 


もう少し、山の辺の道は続きます。 


こちらは、崇神天皇磯城瑞籬宮跡(しきみずがきのみや)です。 難しい字を書くものだ。 


歩け歩けです。 


しばらく行くと金屋の石仏 




途中には、西洋美術館もあります。 この日は休館


そして、最古の市場「海柘榴市」のあったところです。今は、観音様を祀ってあります。


ここを出ると、そこは大和川の川岸です。仏教伝来なのだ。


この大和川を大阪湾から遡って、仏教が伝えられたのです。 


本日のコースの最後は、茶臼山古墳。 ここは天皇陵として管理されていないため発掘が行われています。


約12kmを歩いて、桜井駅に到着です。2万歩以上でした。 


日、歩いたコースが駅前に展示されています。


打ち上げは大和西大寺の駅中の立ち飲み屋で乾杯だ。




山の辺の道は、1500年前からある古道で、歴史の重みを感じながらのんびりと歩くことができます。
このようなところが身近にある奈良に住んでいることをありがたいと実感した一日でした。


井上道弘 <teuchian@kcn.jp>