07 Apr. 2010

京の桜だよりー伏見編・・・・・手打ち庵

 

醍醐の桜を見て、京都市営地下鉄 醍醐から六地蔵に出て、そこから京阪電車で二駅

着いたところが中書島です。この駅を出るとすぐそこは鳥羽伏見の戦いや坂本龍馬で

有名な伏見の町。近くには桃山御陵や乃木神社もあります。

ここで見つけたのが、タイ式マッサージの店、本場タイに比べると10倍くらいの値段で

バンコックで経験した者としては敬遠したくなります。

伏見の町に入っていきます。

まず目には入ってくるのが、掘割、両岸は柳と桜です。

そして三十石舟、これに乗ってみるのも一興かと

近くにはかの寺田屋があります。中も見学できるが今回はパス。

パスして向かったところは酒蔵。伏見は灘と並ぶ日本酒の名所、このように酒蔵が並びます。

こちらは十石舟

ここは月桂冠大倉記念館、入場料は300円取られますが、酒1合付き、さらに中で試飲できます。

酒造りには欠かせない伏水、地下50メートルが汲みだしています。

すぐ近くには黄桜の酒蔵も

十石舟に乗るとこんな感じ

この辺りは幕末の史跡がいっぱい。土佐藩邸に会津藩駐屯地跡

伏見での〆は「鳥せい」ここの焼き鳥は絶品。40分待って席を確保。皆さんも伏見に来られたときは是非チャレンジしてください。