17 Aug. 2015

「クレオパトラとエジプトの王妃展」に寄せて

                        川島道子

 

東京国立博物館で現在「クレオパトラとエジプトの王妃展」が

開催されていますが、エジプトのナイル河のほとりに独自の

文明を築き上げた古代エジプト文明は世界四大文明の一つ

として知られています。

 

ギザのピラミッドやスフインクス、ツタンカーメンの黄金の

マスクや象形文字などの謎に包まれた古代エジプト文明は

私たちを惹き付けてやみません。

 

 

紀元前3000年ごろから始まる古代エジプトを統治したファラオの

強大な権力のもとに栄えた古代エジプト文明は、他の文明には見られない

独特な歴史がありました。

 

当時エジプトでは女性は王にはなれませんでしたが、王の嫡出の長女

には王位継承権があり、その夫が王になるという制度がありました。

男性は王位継承権を持つ女性を妻にすることでファラオになれるのです。

古代エジプトできょうだい同士の近親結婚が多かったのにはこの制度が

あったからです。基本的に王位を継承するのは、母方の血筋にありました。

 

このような状況から、今から5000年前に誕生した古代エジプト文明は、

王妃や女王抜きには語れません。彼女たちはファラオを支え、政治的、

宗教的に大きな役割を果たしました。

 

古代エジプトで時にあがめられ、恐れられ、そして人気を集めた女性たちの

一人で、私の印象に残るハトシェプスト女王を紹介したいと思います。

 

古代エジプト史上初の女王であるハトシェプスト。彼女が生きたのは、

紀元前1500年で、その人生はトトメスと名のつく3人のファラオと深い

かかわりがありました。

 

ハトシェプストはしきたりに従って、父トトメス1世が側室に生ませた異母兄弟と

結婚し、彼がトトメス2世としてファラオとなり、ハトシェプストは王妃になります。

しかし、もともと病弱だったトトメス2世は、在位8年あまりで

亡くなり、二人の間には王女がいました。その王女は、母と同じように、父

トトメス2世が側室に生ませた異母兄弟と結婚します。それがトトメス3世です。

 

後を継いだトトメス3世が幼少のために、ハトシェプストが摂政となり、

やがて古代エジプト史上初の女王となりました。彼女は夫トトメス2世の

生前から「偉大なる王の妻」と言う称号を使って、政治に深く関与して

いました。

 

ハトシェプストは、彼女の父である偉大なファラオ、トトメス1世を生涯に

渡り賞賛し、絶対視していました。父への信仰にも近い憧憬は、彼女を王座に

駆り立てることになりました。

 

ファラオとなったハトシェプストは、「ファラオは男子」と言う伝統の重さを

感じていたからか、公式の場では、必ずファラオの象徴であるあごひげをつけ、

頭巾をかぶって男装していました。

 

彼女の治世では、一度も対外戦争をしていません。それは父トトメス1世や

夫トトメス2世、あるいは「エジプトのナポレオン」と称されるほど軍事遠征を

好んだ義理の息子トトメス3世と決定的に異なる特徴です。ハトシェプストが

平和を愛していたとことだけは言えるのかも知れません。

 

ファラオとなったハトシェプストは、歴代のファラオがまず着手する一大イベント、

自分の王墓をつくることにとりかかりました。彼女が目をつけたのは、

王家の谷の裏側、デイル・エル・バハリの湾系になった地形でした。とりわけ

湾系地形を囲む断崖が彼女の心をとらえました。

 

お気に入りの重臣エンムトに命じてここにハトシェプスト女王葬祭殿をつくらせ

ました。葬祭殿は主に石灰岩でつくられ、背後の岩場から切り出されました。

また花崗岩はナイル河上流にあるアスワンから取り寄せられました。

 

断崖を背に地形の傾斜をいかして築かれた葬祭殿は、他に類例のない巨大な

三層のテラス式の構造を持ち、美しさと迫力を兼ね備え、景色の中に見事に

調和しています。葬祭殿の内部、外部にはハトシェプスト女王の業績が刻み

こまれています。

 

十八世紀、この地を旅したヨーロッパ人旅行者は「こんな所にギリシャの

神殿が建っている」と思って感激したと言われています。外観を見れば、

有名なパルテノン神殿のイメージに近いものがありますが、この

建築物はパルテノン神殿よりも千年以上も古い歴史をもつものでした。

 

断崖の向こう側は歴代の王の墓が造営された「王家の谷」があり、

ハトシェプストも王として、「王家の谷」に大規模な墓を造営しました。

葬祭神殿とは葬儀を行うために建てられた神殿です。

 

ハトシェプストは、内政に優れた手腕を発揮したとして知られ、周辺地域と

平和的な関係を築き、交易活動に力を注ぎました。なかでもブント(現在の

エチオピアやエリトリア周辺)に派遣した交易使節団が有名で、ハトシェプ

スト女王葬祭殿のレリーフには、香木をはじめとする贅沢品が運び込まれる

様子が描かれています。

 

成長したトトメス三世がファラオとして復権するまでの約二十年間の治世の

間、平和的外交と交易でエジプトに平穏な時代をもたらしたと言われています。

外国からは金や銀などの金属材料、木材、動物の香料、毛皮などを買い入れ、

装飾品や家具などエジプトの持つ技術を生かした加工品を輸出するという

加工産業を盛んにしたことが判ってきています。

 

ハトシェプスト女王の死については、よくわかっていません。ただ晩年は、

成長したトトメス三世に疎まれていたことは確かなようです。トトメス三世は

ハトシェプストが君臨した約二十年間を歴史上から抹殺しようと企て、彼女を

描いたレリーフや王名を削り取り、その彫像を破壊しました。「正統なファラオ」

である自分から権力を奪い取った義母への復讐だったと言われていました。

 

ハトシェプスト女王の名は次第に忘れられ、その存在は歴史の闇に消えて

いきました。1829年、ヒエログリフの解読で有名なフランスのシャンポ

リオンの調査によってハトシェプスト女王の存在が発見されました。

 

その後長らく女王の墓もミイラもどこにあるかわかりませんでしたが、

2007年、以前「王家の谷」で発見されていた身元不明のミイラが、歯の

照合でハトシェプスト女王のミイラであることがわかりました。

 

 

現在では、女王の死後、その事跡を抹殺したのは、女性であるハトシェプスト

女王がファラオとして君臨したことを快く思はない者たちではないかと考え

られています。

 

今から3000年以上も前、女性の身でファラオとなり、その治世の間一度も

軍事遠征を行わず、「交易」によって国を繁栄させようとしたハトシェプスト

女王の存在は、現代に生きる私たち女性にも大きな刺激となっているのでは

ないでしょうか。