05 Nov. 2014


琴欧州断髪式  TH

10月4日、両国国技館で行われた元大関琴欧州の断髪式に
知人に誘われて行って来ました。

初めての両国国技館です。右隣は江戸東京博物館。
遠くの塔は東京スカイツリーです。
隅田川は左手になります。

                                              両国国技館 参考画像



断髪式というのは本来儀式ですが、同時に興行的に成り立たなければ実施しないそうです。
幸いこの日は電車のホームから人波が続き、琴欧州の人気は大変なものでした。



ロビーにあった大きな額入りの琴欧州の写真。
身長2m2cmだとか。




土俵で挨拶をする後援会長さん。




満員御礼の垂れ幕の下で、いよいよ断髪式です。
ひいき筋の人達が350人以上並んで順番に髪にはさみを入れます。




最後のほうでブルガリアからやって来た琴欧州のお父さんもはさみを入れました。

                参考画像 産経

お父さんのねぎらいに胸一杯といった琴欧州。
この日一番の割れんばかりの拍手を浴びたのは
高々と両手を挙げて観客に挨拶するこの力強いお父さんでした。

                            参考画像 日経


佐渡ケ嶽部屋の親方により髷が切り落とされて無事式が終了し、
感極まった琴欧州の挨拶の後
しきたり通り土俵下で待つお母さんが大きな花束を渡しました。

続いて幕内力士達の土俵入りです。










そして白鳳の横綱土俵入り。アトラクションなので、ひいき筋の男の子も抱かれて出場です。












よいしょっ!



そして取り組みへと続きました。
もっとも注目を浴びたのはざんばら髪の逸ノ城。









期待通りの馬力を見せる大型新人でした。





三役揃い踏みです。




昔よりお相撲さんって大きいですよね。






結びの一番の白鳳も美しく強さを披露し、
めでたく琴欧州断髪引退披露の興行相撲ははねました。

最近テレビでもあまり相撲を見ないので、力士の名前にも疎くなりましたが
国技館の雰囲気の中にどっぷりと浸りながら、楽しくこの日の番組みを味わう事が出来ました。


終わり