07 July 2015

From RUSSIA with Love


サンクトペテルブルグはピョートル大帝により1700年頃作られた。
第一次世界大戦前はロシア帝国の首都で、その後ペトログラード、ソ連時代はレニン
グラードと呼ばれており今の呼び方は何故かドイツ語風ですね。

街の様子は完全にヨーロッパの街という感じで共産主義特有の馬鹿でかい建物はあまり見られません。

外壁の色も装飾もアールヌーボー調のものが多く見られバルト三国とよく似た感じでした。

次はピョートル大帝夏の宮殿です、ペテルゴーフにあります。


ここにも金色の玉ねぎです





ここには多数の噴水があり、全て水位の高低差で動いている。流行りのエコの先取り?


宮殿の建物


竜の口を裂きまーす


ロシアのおばさん手入れ中


大変広い公園です、1000ha。


魔物の噴水(?)


イタズラ噴水、、、通り路の両側から噴水が出ます。


何処でもスリにご用心


少女とリス(スリではない)


ご本人だった(?)


中々派手でしょう?全体が動いています


全体像 


アチラコチラに


公園の端はフィンランド湾


これは子供の水遊び場、ベンチの後ろのおじさんが手動で発射


コスプレですね、得意そうな女の子(誰でも出来るそうな)


白樺の林です


下から宮殿を見ます


これはコスプレでも、有料写真用


売店で


メインの噴水、豪華絢爛です。




花嫁さんも(少し年が???)


宮殿から下を見ます


玉ねぎさんを側から


ゲゲゲの鬼太郎??目玉オヤジでしょうか


鉄道の駅、明日はここからモスクワに


説明がありましたが、、、忘れた。


サンクトペテルブルグは水の都、大阪とそんな所も似ています。


少し写真が多すぎるかもしれませんが珍しい物が多かったので、ゴメンナサイ。

もう少しお付き合い下さい。

スパシーヴァ(ありがとう です)

またお詫びと訂正です、前回最後に”ダスダヴィーニャ”と書きましたが、”ダス
ヴィダーニャ”の間違いでした。意味はさよなら。

時差と疲れと年で間違いシリーズになりそうです。