12 Apr. 2015

ニュージーランドの自然(その2)

by 京都のリンダ

ニュージーランドは新しいジーランド?

欧州人で最初に発見したのは1642年にオランダ人のタスマンが発見(タスマニア島に名前あり)したが、
マオリ族との戦いで上陸できなかった、またチリの南とも思っていた。
その翌年にチリの南ではないことがわかりオランダのゼーラント州に因みNova Zeelandiaと名付けられた。
その後100年以上後の1769年にクックが訪れた時に英語でニュージーランドと呼んだそうな。

・・・・・小さな声で・・・・よく読むように

んで

やっぱりヒツジちゃーん。でも近年は牛の放牧ウエイトが増え、鹿の放牧も流行りだと。

また少し前にワインが賞を取ったこともあり最近はぶどう畑も


と、いうことで ワインの試飲会です。一本だけ購入。
そうそう、ここではジャムがアテに出てきました。


昼食はミートパイです、これも美味しかった。


お人形と”一気飲み”


ここはゴールドラッシュがあったアロータウン、昔の面影が


本当は黄葉の名所らしいが少し早かった


これからクイーンズタウンに向かいます。高速はありませんが一般道で時速ほぼ100km


ここもリゾート地です、ワカティブ湖の向こうに見えてきました


ついたらまずここへ・・・?


これ!ジェットボートです。これはニュージーランド人が作ったそうな


完全武装


スリル満点、楽しかった


ドライバー(?)俺が一番のポーズ


船上から




船着場の下に窓があります。デカーイうなぎ、ます、水鳥がごっちゃです。


宿泊はここ、目の前は湖。


これは昔からの蒸気船


ホテルのテラスから


翌日はミルフォードに向けて、先ずはミラーレイク。面白い看板


こんな感じですね




レイクガンで自然ウオーク


この中は苔でいっぱいでした






滝もあります


水は一本300円、この川の水でタダでした。


キャズム、ここはシダで一杯。


侵食でこんな岩に


この滝周辺


鬱蒼と繁っています


オールブラックスのマーク・・・
この時までキウイか何かの羽と思っていたらシルバーファーンという羊歯でした。


1日目見れなかった星ですが2日目のワナカ湖のところで満天の星。
南十字星がうまく入りました。左上には流れ星もありました( 見えるかな?)。


あと一回で済ませる予定です、つ・づ・く