07 April 2014

地球の裏側(その1 サンフランシスコからリマへ)

by 京都のリンダ

遅くなりましたが、地球の裏側のレポートです

今回は12日間と今まで最長の旅、飛行機に乗ること8回(セスナで+1回、計9回)。
正味飛行時間52時間、空港での待ち時間を各2時間とするとそれだけで70時間と
移動だけでかなりの時間を使う旅でした。
(南米大陸の遠さ、大きさを考えるとやむを得ないか、、、、)

何度かに分けて出しますが、退屈なレポートかもしれません。ごめんなさい。

今回はユナイテッドエアーでサンフランシスコへ


新型ボーイング787でした。大丈夫??


長旅のため老人には過酷。と言う事で贅沢を・・・向こうに行ったら始末しなきゃ!!



シスコに着きました。ケーブルカーですね


この中華屋で昼食。坂の角度を見てください、ここでは足腰強くなりそう。



町中が坂です。ダーティハリーの車が宙を飛ぶわけです。



ここではコレでしょう、金門橋。快晴。



サンフランシスコ湾に浮かぶ監獄島、アルカトラズ島。
アルカポネもこの牢屋に、、今は国立公園に。映画”ザ・ロック”を覚えていますか?



フィッシャーマンズワーフに行きます。そこの屋台。



名物クラムチャウダー。
本当はブレッド・ボウルというパンをくり抜いてその中にこれを入れたのが有名なのですが
お腹イッパイで一番小さいやつを。



有名なカニの看板。日本のは動くでー!!



乗り継ぎだけで直ぐにリマ(ペルーの首都)に向かいます。LAN航空。



こんなところに(・・・日本人?)



南米大陸の第一歩、リマ空港。


空港ではマチュピチュが歓迎中



朝着のためそのまま市内観光。旧市街の中心アルマス広場、南国の雰囲気+スペイン風



大統領官邸、かってはフジモリさんが。


中央の噴水、ドラゴンを獅子が羽交い締めに。スペインの強さを誇示。



色とりどりの花、ケイトウやらでした。



(以下街角の風景)どこかの壁画に似ていますが



道の途中で路線バスがパンク中



こちらの交通整理ボックス


バスの屋根は錆び付いて、、、雨漏りがしそう。



今は昔ですが、フジモリさんの政党事務所、娘は再度大統領に立候補予定らしい



ラルコ美術館、私的な物ですがインカ時代の膨大な資料。



綺麗に整備しています


花イッパイです



その展示品









そこのトイレの男女マーク



まだまだ沢山あります



最後にもう一度そこのお庭、花イッパイ!!


リマは海岸にある街



パルケ・デル・アムール(愛の公園)。park of loveのスペイン語、想像は付きますね。



何やらガウディ風のベンチ



ここも花イッパイ



昼食はショッピングセンター内のレストラン



名物チチャジュース(紫とうもろこしのジュース)、味はまずくはないが美味いとも、、、



焼き鳥(?)でしたがイケました。


突然ですが、昼食後ホテルにチェックインしたら部屋に鳥が舞い込んでいました。
こちらのホテルはどこでも窓は開けっ放し、虫は大丈夫??



こちらは一般の家でも門に格子があります。ホテルもセキュリティ厳しく。


ホテルにも花、エルタンボ ホテル。これから3回お世話になります。



こちらの定番、インカコーラ、レモン味で美味しい。
地元の飲料でしたが今はコカコーラが買収、どこに行ってもあります。


チチャフィズ、紫とうもろこしのお酒のカクテル。強いお酒です。
(食事はあまり良くなく悪くもなくで、珍しいものだけにします)


出発後、随分時間が経ちました、久し振りにベッドでバタンキュウでした。

(第1,2日目終了)