31 Oct. 2014

バルト三国の旅 (タリン市内から帰国へ・完)

by 京都のリンダ

さて最後の国エストニアについて少しお勉強を

民族的には元々のエストニア人にスラブ人、ノルマン人が混ざり今のエストニア人になった。
13世紀以降はドイツ騎士団、デンマーク、スエーデン、ロシア帝国の支配を経て、1918年ロシア帝国より独立。

1940年ソ連が占領、1941年ドイツが占領、1944年ソ連が再占領し併合。1991年に独立した。
このように周りの大国から蹂躙され続けた数奇な運命を辿っています。

現在はIT大国であり外国企業の進出、ソフトウェアの開発が盛んとの由、特に皆様良くご存知の
Skypeはこの国が発祥です。

バルト三国全体に言える事ですが殆ど山が無く大半が森林であり、この国も最高標高は300mほど、
山の好きな人は行かないように!

バカを言わずにレポートします。


ホテルの裏で早朝


隣にスーパーがあります、後を楽しみに。


朝食後ですが、日が照って来ました!


途中でタリン駅を通過中、SLも有りました。


旧市街の一部、トーンベア城。久し振りの青空です。


黄葉の中見えるのは?


これはロシア正教のアレキサンドル・ネフスキー大聖堂。


いかにもの、絵画です。


綺麗な街並み


これは芸術学校の標識、立体的です。


ロシア正教とは違う教会。


子供達が出てきました


聖母マリア大聖堂


展望台からの眺め、とても綺麗でした。








そこでアーモンドを色んな味に絡めて売るオバちゃん、素敵な笑顔でした。


山手から下町へ、ここは「長い足」と言われている


ここは「短い足」、急な階段です。


ミュージアムの看板も判りやすい


これは聖ニコラス教会


あそこを目指します


鳩のオブジェ


広場に来ましたが、ここは今風です。


何やら東洋風の飾り、色んな紋章です


登った所にこんな物が、友好の桜


そこは日本大使館でした、環境抜群です。


目的地はこれ。キーク・イン・デ・キョク~台所を覗け、という変な名前の監視塔。


塔の上からの展望






地下は昔は牢獄や防空壕に使われたが、今は博物館に


戦時中の悲惨な映画も


こんな子供が上手にセグウェイ、1時間32ユーロとか


旧市街の中心へ


こんな遊園地風の乗り物も


昨晩来たラエコヤ広場


昼間の旧市庁舎


立派な建物


テラスのカフェですが寒いのでムートン付き


昼食場所に向かいます

老舗チョコレート屋、ロシア王朝御用達だった


こんな建物ばかりです


ここは民芸品のお店


ブラックヘッド会館、船主と未婚の商人からなるギルドの建物。今はコンサートホール。


昔のゲシュタポ本部、今は警察本部。


ホテルの裏から見えた塔です

0
昼食はココ


三姉妹と言うホテル、名門で天皇陛下もお泊りに


その中のレストラン


ビールも少し変わっていた。


所でエストニア語で乾杯はterviseks(テレビセックス)という、間違ってもテレフォンセックスと言わないように。シモネタで失礼。

前菜でしょうか?豚リブのマリネ、ボリュームたっぷり。


メインはフィレステーキ


近所にある砲塔ですが「太っちょマルガリータ」と呼ばれています


タリンのランドマーク、聖オレフ教会。250段の階段、登る??


高所恐怖症にもかかわらず、果敢に挑戦。上からの眺めです








こんな階段ですがリンダママも


その内部です


あんな所だった!クワバラクバラ、、、


途中の民芸品屋さん


一番シアワセ?


老舗チョコレート屋の中、これはマジパン


色んな物が綺麗に


そこのオーナーのおじさん、名刺までくれた。


市庁舎の変わった飾り


ブタさんに口説かれるの巻?


ここは編物ばかり売っている、セーターの壁


可愛い売り子嬢


手袋、商談成立


旧市街の門、ビル門。(ひょっとしてビルゲイツ?)


横には花屋通り


変わったバラ、細工されてる?


真っ青なバラも


ホテルに戻り、隣のスーパーへ。鮨屋さんが有りました、味は??


そこの魚屋さん、シャケは立派、手前の魚は??


こちらは燻製、鯖一本丸ごと燻製?


ロシア製(?)のビール、味は普通で値段は1ユーロしなかった。


タリン空港です、遠目にはショッピングモールみたい




空港に有った写真ですがタリン合唱祭ですね(見にくくてすみません)。
合唱団員2万人、聴衆10万人が参加する規模です。
「我が祖国、我が愛」という歌は第二の国歌とも言われ歴史的にも有名な話が有ります。


売店には何故か日本の缶ジュースも?


この飛行機でヘルシンキまでは1時間程度。船でも3時間程だそうな。


あっという間にヘルシンキです。
こんなに近いのでヘルシンキ市民は物価が安いタリン迄買い出しに来るようです、特にお酒、コーヒーなど山みたいに買って帰るようです。


突然ですが阪神が4連勝した模様を教えて上げたら、関西のおばちゃん連中が大盛り上がりでした。


待合いの場所の目の前にはtwo Tigers なる寿司バーが、何かの縁でしょうか?


ヘルシンキから関空まではその後偏西風に乗って9時間弱で到着、早過ぎて空港着地後暫く待たされてしまいました。

と言う事で長ーーーーいレポートも最終回でした。

お付き合い有難うございました。    お・し・ま・い