22 Sep. 2013

「薪能レポート」・・・・・京都のリンダ

招待券を頂き、20日に普段は縁の無い古典芸能を見てきました。
上京薪能です。
 
6時開演と云う事でまだ明るいうちに現場に到着。


場所はこちら白峯神宮です。ここは蹴鞠の守護神があり球技全般及びスポーツの神様で有名です。


この境内でやります


本殿には色んなボールが


こんな物も


絵馬も殆どがスポーツ関連です


モクレンの一種のようですが樹齢800年


門構え


ここに火が灯されます


先ずは火入れの儀式が


最初はお琴、三弦と尺八です




舞囃子


狂言 お題は”飛越え”茂山一家の子供でした


これからがお能です。お題は”天鼓”


翁が鼓を打ちます


これは翁の死んだ子の亡霊が同じ鼓を打っています


亡霊の図、良いお面でした


終わってもまだ燃えています。最近は火には敏感で横には消防が。


と云う事で駆け足レポートでした。

 
お・ま・け は18日の十四夜のお月さまです。


コッツさんがテクニックを駆使して撮影していたのを思い出し、ズボラなリンダは何とか楽に!!
との一念で撮りました。
これは普通のコンデジの20倍ズームの夜景モードでこれだけのモノが取れます。
手振れ防止でベランダで支えましたが。

結構イケるでしょ?