26 Nov. 2012

「クロアチア紀行 後編(その2完)」・・・・・京都のリンダ

最終回です・・・

さあ、行くぞー!!

7日目です。
昨日のホテルでまだ遊んでいます。金太郎と逆で熊が背中に乗っています


リンダママはどうしても彼らのトランプに入りたかったみたい


ここは山の中、ホテルの前はガランとしています


本日のメインはここ、プリトヴィッツエ湖畔


ひたすら森の中を走ります


到着、ユネスコの世界自然遺産。
16の湖と90以上の滝がある。


そこの現地ガイドと


入ってすぐこんな雄大な景色が。
北欧に続き滝めぐりで水もしたたる良い男に!!


アップにも見事にこたえてくれます


石灰岩の為、水はエメラルド色に


約3時間の散策ですがこんな道で。
ここ何日か雨の為水量が多く水があふれ出ていた。(またもや日頃の行いでその日は曇りだけ)


どこを見てもこんな感じ


迫力満点


暫くご覧ください









やっと四分の一(今日は半分だけの予定ですが)

途中で船で湖を渡ります。
フィンランドを思い出すシーン


鴨がいましたが水が透き通って足のバタバタが丸見え


ここも紅葉



昼食は公園内のレストランで。
ロールキャベツでした。


昔”シベールの日曜日”と云う映画がありましたがそのシーンみたい。


バスで移動の途中にラストケ村で停車


滝に囲まれた村です、夜はうるさくて眠れない??


そこにいたダルメシアン犬(この地方ダルマキアが原産)。
アップしてください。


最初に降りたザグレブ到着。
元共産圏でデカい建物が目立ちます。


こんなボロボロも残っていました。
まだ影響が残っているのでしょう。


一方クリスマスも近づき花屋さんは大賑わい


やっとまともなホテルです。
フォーポインツbyシェラトン


そこの夕食、何か判らないが前菜はニョッキみたいな感触


ザグレブ風カツレツ。
豚肉の間にチーズとハムが挟んでありました


デザートはティラミス


8日目早くも最終日です。

今日は市内観光。これは博物館


国立劇場。
前のもそうだがオーストリアの影響でしょうかこんな色が使われています


駅前の公園広場、犬の散歩と自転車


ザグレブ中央駅。
確か007の”ロシアより愛をこめて”に出て来た!?


旧市街の聖母被昇天大聖堂。
朝早くまだ入れません。


そこで市場大好きさんはまたも青空市場に、アッ、玩具がある!!


と云う事で、このおばちゃんから念願の玩具ゲット。
恥ずかしそうに写真に入ってくれました。


花も野菜も何でもありました


石の門。
ここは城壁で囲まれた都市でしたがこの門も火災で焼けた後に1700年頃に建てられた


その中には火災でも焼けなかったマリア様が祀られ今もミサが開催中


屋根のモザイクが印象的な聖マルコ教会。
模様はクロアチア王国とザグレブ市の紋章


現地ガイドと。
日本語が大変上手な娘でした


警察の傍を通ると武装警官が沢山(理由は後ほど)


その車はトヨタのランクル、頼もしい


宗教系の学校(だったと思う)


古い見張り台(だったと思う)。
だんだん好い加減に????


高台ですのでロープウエイが。
曰く世界で一番短いロープウエイだとか。


そこから見た旧市街


ここが一番の繁華街、イエラチッチ広場。
何だか軍服姿の人が沢山、、危なそう


聖母被昇天教会の前もこんな状態。
又クーデターか!?


どこを見ても、、、よく聞くと独立運動の英雄がハーグの国際裁判所で無罪になったらしく
旧軍人が昔を懐かしみ部隊ごとに同窓会をしていたらしい。


その隙を縫って教会の中に。
立派です。


絵画も流石にマリア様


ここは尖塔が2本ありますが材質がもろいらしく1本は修理中でいつ終わるか分からないそうです。


市内観光も無事終わりザグレブ空港へ。
又ブダペスト経由でドーハに向かいます


これもドーハの夜景。
次に見ることはあるのでしょうか?


ドーハを飛び立ったらあとはこちらの物、ひたすらに寝ます。
帰りは偏西風のお蔭で9時間程度。

長々とお付き合いいただき有難うございました。


次は何処行こうかなーーーーー

オ・シ・マ・イ