29 Apr. 2012


京都のリンダの


「北京旅行 その2」


団体さんの為、食事の写真はあまり有りませんがフカヒレ&アワビ(2個入り)のスープ。別注で1500円でした。

点心はお代わり自由です。


五つ目、万里の長城。これが見たかった!!

結構広い、八達嶺長城です。


歩くと大変らしいが我々はロープウエイ(ゴンドラ?6人乗り)で、軟弱だけどラクチンラクチン。


着いた時からでしたがこんな濃霧か霧雨か分からない状態


現場到着も五里霧中、5m先も見えません。


ここは坂が大変急で(30度以上、何かに?まらないと歩けません)少し歩くと平衡感覚が変に!?


結局何も見えないので少しだけ登って風と雨除けを。


ホテルに戻り外で買ったビール(約50円)と日本から持ってきたチーザで一杯。フルーツも置いてありました。


翌日は六番目の訪問地、天壇公園。公園では定番太極拳。


長廊では皆さん将棋、トランプ、麻雀等々勝手に遊んでいます。


こちらは趣味の演奏会


斎宮。祭祀の前に皇帝が準備するところ


有名な祈念殿、1420年明の永楽帝が北京遷都の時に建立、五穀豊穣を祈った。高さ38mで釘は使わず。


その内部4本のメインの柱と12本、12本計28本の柱で支えられている。


内部の祭壇。帝はここで祈りを。


鮮やかな色です


内部構造の図


もう一度目に記憶させましょう


中国名物、親の婚活。釣書みたいのを並べています。


七星石、北斗七星が飛んできた。


また街中を、目抜き通り近くのマンション群


次の訪問地(七番目)天安門広場に向かう途中。ここは昔のトイレの跡だそうな。


中国国家博物館、我々が初日に行ったのは北京市のもの


ここも広大!!奥に見えるのは人民大会堂。手前は人民英雄記念碑


天安門、かすんでいます。


毛主席記念堂、毛沢東の棺が安置。


流石に、遂に北京に来たか。という感慨があります。


天安門と広場の間には片道7車線の道路有。その地下を通って門の前に来ました。


天安門を抜けると故宮(紫禁城)に向かいます、とにかく広い。
1420年に完成、翌年に南京から北京に遷都。明・清192年間21人の皇帝が暮らした。敷地面積72万u、部屋数8704室。


大和門 てくてく歩いてやっと宮殿の外側に到着


壮麗な天井


人工の川が、金水橋より


平面図ですが、何となく幹事で解ったつもりに。


大和殿 中国最大(間口65m、高さ35m)の木造建築で公式行事に使われた。




屋根飾りの走獣、10匹です


皇帝の玉座


何度か大火災も有ったようであちこちに水瓶が


保和殿から乾清門を、そこを入るとやっと内宮です


雲竜石 英語でどうぞ





昔の街並みです、きっと美しい女官達が


ここでは色んな映画のロケもされたそうな


鐘粋門 ここの中は玉器館です。
北京の故宮博物館はこじんまりした昔の建物に陶磁器や金銀など別々に展示されています。台北は立派な建物が博物館でしたが。


ヒスイのやかん


沢山ありました・・・・略(良いものは全部台湾へ?)


鐘粋宮


故宮の猫ちゃん、きっとメス?もしくは去勢の雄?


順貞門、、、こんなのが延々とありました。もう判らん!!


神武門、故宮の北の端の門、初めて博物院の文字が。


堀越しの博物院


我々のバスの横に寝台バスが!!2段ベッドになっています。広いからなあ!!


夜は京劇を見ることに。前門建国飯店と云うホテルに


この中に梨園劇場がありました、中は食事等も出来るようです。


5幕ほど見てフィナーレです、派手で綺麗な舞台でした。
京都の都踊りなんかも外人が見ると同じでしょう。横に英語の字幕が出たので何となく解ったような?


帰りにナイトドライブです、街中。


国立博物館


天安門


迎賓館


北京飯店


王府井(繁華街)


ホテルへ戻って、洗面台がツインに。ケンカせずに済みます。




続く・・・・・